地域一番の中古車販売店を創造するブログ「ネット集客増強研究会」

ちょっと異質な中古車販売業の団体

2013.11.13

[`evernote` not found]
GREE にシェア

ちょっと異質な中古車販売業の団体こんにちは、
中古車販売店の売り上げアップの組織
集客増強研究会の大平です。

現在、集研では4期生が必死に勉強しています。
本当にみなさん熱心な方たちでなんとかしたいと
いう気持ちがとても強いんですね。

僕が主宰している集客増強研究会という組織は
他のコンサルティング組織やフランチャイズ組織と
ちょっと違う所があってそれが僕の自慢でも
あるんです。

それは何かというと入会される方のレベルって
言ったらいいでしょうか?
それがかなり高いんですね。

つまりこういう事なんです。
例えば自動車板金でも買取でも或いは
新車販売でもいわゆる看板貸しをする
わけですね。フランチャイズ組織ですね。

看板の威力の元に集客しますよ。っていう
やり方ですよね。

こういう打ち出し方をしたとき、加盟店側から
見たら楽なわけですね。
だって看板上げるだけで売り上げが伸びるような
錯覚を起こすわけですから。
(もちろんそこには色々なノウハウが詰まっている
ケースもいっぱいありますよ。)

ただ僕の場合は過去、一度もそういう打ち出し方を
したことがないんですよ。

それは集研は勉強する中古車販売店の団体であり
その方向を伝えるだけであって、決してフランチャイズ
組織ではないし、今後も変えるつもりはないからなんです。

だから営業のFAXDMも加盟勧誘の電話営業も
過去、一度もしたことがないんです。

広告と言えるのはこのブログとメルマガ、それに
業界紙にたまに出す安い小さい枠の広告だけ。
一切の営業電話はしないんですね。

それには理由があるんです。

看板で売れるように見せたり、こちらから営業電話で
集めるとどうしても依存心の強い人が集まりやすいから
なんですね。

でも商売って戦略は店舗のある場所や規模や資金力や
その他諸々で戦略は全く異なってくるんですね。

だから集研に入っても自分でカスタマイズなり
創意工夫をしないと本物にはならないんですね。

僕の考えでは店舗の場所や資金力や規模が異なる
組織をひとつの看板のもと、同一の戦略でやることは
無理があると考えているんです。

よくいただく質問に次回の大阪開催はいつですか?と
いうような質問いただくんですね。

だけどあえて東京開催しかしてないんです。
この部分を会員欲しさに少しでも妥協して入会説明会を
参加しやすいように各地でやりだすとどうしても
会員さんの質を落とすことになりかねない。

集研という組織は会員同士が仲間となって同志的な
活動がすごく多い組織です。みんな仲間のレベルの
高さに励まされて切磋琢磨してレベルアップを図る
組織なんです。だからどうしても会員の質は一定レベルは
維持しなければならないわけですね。

現在4期生は北は北海道、南は沖縄からの参加も
あります。やる気ガンガンの素晴らしい会員さんです。

時間さえ取れれば12月なんとか集研のベーシックセミナーを
東京で開催したいと思っています。参加費3000円で
学べるセミナーです。3ヶ月ぶりですね。

かなり日程がタイトになってますがなんとか開催したいと
思っています。

中古車業界専門誌ユーストカーで連載スタートしました。
ユーストカーのお申し込みはこちらから www.u-car.co.jp

日刊自動車新聞にて毎週水曜日、中古車販売店のマーケティング入門講座を連載しています。 今、日刊自動車新聞WEB版を申し込むと

【中古車販売店向けネット集客のやり方】
A4版 11ページが無料で手に入ります。お申し込みは今すぐ

http://www.netdenjd.com/

中古車販売店の売り上げが飛躍的に伸びるメルマガ

このメルマガでは以下の事がわかります

  • お客さんが頼むから売って下さいと言わせる方法
  • 中古車販売店のネット集客方法
  • 会社を社員に任せて自動操縦する方法
  • 成約率を飛躍的に伸ばす○○シリーズという方法
  • 当社が世帯数シェア19%を確保した最強囲い込み手法

いますぐ下記よりお申し込み下さい!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

無料メルマガ配信中
中古車販売店の売上が飛躍的に伸びる門外不出のノウハウを公開中
中古車が売れなくて困っている経営者へ  中古車の在庫を30%減らし、売上を150%にする方法

カテゴリー