地域一番の中古車販売店を創造するブログ「ネット集客増強研究会」

中古車販売店が顧客視点に立つとは?

2013.12.23

[`evernote` not found]
GREE にシェア

中古車販売店が顧客視点に立つとは?こんにちは、
中古車販売店の売り上げアップの組織
集客増強研究会の大平です。

先日、集研のベーシックセミナーを開催し
多数の方に参加していただき、5期生の
メンバーも決まり、準備に大わらわです。
やる気のある素晴らしいメンバーが集まりました。

1月から辛いけど楽しい3ヶ月がスタートする方たちです。

僕が3ヶ月でお伝えすることの核心をズバリ言って
しまうと顧客視点の立ち方なんですよ。
よく顧客視点に立つことが大事っていいますよね。
だけど顧客視点に立つということは結構難しいんですよ

ひとつ事例で説明しましょうか

例えばみなさん次のように考えてないですか?
どうやったら売れるだろうか?
これ質問の仕方が間違っているんです。
既に顧客視点にたってないんですね。

じゃあこういう質問にしたらどうでしょうか?

お客さんが買うときはどういうときか?

つまり立ち位置が売る側から買う側に変わるわけですね。
この質問に対してひとつひとつ掘り下げて行くわけですよ。
これが顧客視点に立つ方法のひとつです。

お客さんが買うときとはどういう時か?という質問の場合
こういうとき、ああいうとき、ってひとつひとつ
箇条書きにできるじゃないですか。

そうしたらそれに対してひとつひとつ仮説、実験、検証を
繰り返すわけですよ。
まあ集研の場合はその仮説、実験、検証の結果を公表して
いるわけですけどね。

最初に出てきた
どうやったら売れるだろうか?この質問では
顧客視点に立てないし、質問の範囲が広すぎて答えが
出てこないんですよ

ただし実際に質問の作り方がわかったとしてもそれを
自社で仮説、実験、検証していくことはめっちゃ
大変ですけどね。

その顧客視点という部分と仮説、実験、検証の部分が
入ったうれしいメールを頂いたので少しご紹介しますね。

~ここから~

メール返信定型文大変ありがとうございます。

今回の○○○は非常に胸が打たれました。

少し恥ずかしいですがさっそく自分の○○○を作ってみました~^^

さて

今年 シュウケンに入り勉強でき売上が上がる喜びや 人としても成長できる幸せ

四期生のみんなに出会え切磋琢磨できる仲間が増えた喜び等々

 

大平さんには非常に感謝しております!

実際に会った時にはうまく言えそうにありませんのでメールに致しました。

四期の中でも出来の悪い自分ですが一歩一歩頑張っていけたらと思います。

今年の感謝も込めて本日××のお酒を送りました。

是非、ゆっくりと味わって頂ければと思います。

~ここまで~

メール返信定型文というのは僕が仮説、実験、検証した結果です。
まあ一言で言うとネットで集めたお客さんの商談用メールの
雛形です。4期の別の会員さんの報告によると4件の問い合わせに
対し3件がうまく行ったようですから再現性はあるでしょうね。

そんなことより○○○の部分、これが顧客視点の最も
大事な部分なんですよ。横文字なんですけどね。

中古車業界専門誌ユーストカーで連載スタートしました。
ユーストカーのお申し込みはこちらから www.u-car.co.jp

日刊自動車新聞にて毎週水曜日、中古車販売店のマーケティング入門講座を連載しています。 今、日刊自動車新聞WEB版を申し込むと

【中古車販売店向けネット集客のやり方】
A4版 11ページが無料で手に入ります。お申し込みは今すぐ

http://www.netdenjd.com/

中古車販売店の売り上げが飛躍的に伸びるメルマガ

このメルマガでは以下の事がわかります

  • お客さんが頼むから売って下さいと言わせる方法
  • 中古車販売店のネット集客方法
  • 会社を社員に任せて自動操縦する方法
  • 成約率を飛躍的に伸ばす○○シリーズという方法
  • 当社が世帯数シェア19%を確保した最強囲い込み手法

いますぐ下記よりお申し込み下さい!

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

無料メルマガ配信中
中古車販売店の売上が飛躍的に伸びる門外不出のノウハウを公開中
中古車が売れなくて困っている経営者へ  中古車の在庫を30%減らし、売上を150%にする方法

カテゴリー