地域一番の中古車販売店を創造するブログ「ネット集客増強研究会」

中古車販売、社員に任せる

2014.09.17

[`evernote` not found]
GREE にシェア

中古車販売、社員に任せるこんにちは、
中古車販売店の売り上げアップの組織
集客増強研究会の大平です。

今日は会社を完全に社員に任せる方法について
ちょっと説明しますね。

僕がずっと目指してきたのはどうやったら
お金の事で悩まずに売り上げを継続的に
上げていくことが出来るか?

1か月お店開けたらだいたいいくらの売り上げが
出来てだいたいいくらの利益が残るか?
それが読めるような店を作るにはどうしたらいいのか?

ずっとこんなこと考えていたんですね。

で、社員のモチベーションを上げるにはどうしたらいい?
とか、給料のインセンティブ部分を大きくしてみたりとか
色々やってみたわけですよ。

結構うまく回っているように感じたんですけどあるとき
衝撃的な事があったんですね。

それは僕の友人で電気工事業を経営している友人が
いるんですけど僕がちょっとコンビニに買い物に行って
いる間に彼が店に来たんですね。
で10分とか15分とか僕の帰りを待ってたわけですよ。

で、僕が店に戻ったとき、彼から衝撃的なことを聞いたわけです。
「お前の所の社員、お前が戻ったら急に働き出したぞ」

これはショックでしたね。僕としては結構うまく回していた
つもりが僕がいない所では社員はあまり仕事していない。
結局、恐怖政治で動かしていたわけですよ。

で、この時を境に仕組化しなければダメだって思い出したわけです。
つまり属人性の排除を目指したわけですね。

つまりはAさんは売れるけどBさんは売れないというのを
防ぐには属人性の排除しかないって考えたわけです。

もちろん社員のモチベーションを上げてやる気を出して貰って
売り上げを作るって方法もないわけではないでしょうし
実際に僕の所で全く対策していないわけではないです。

だけど自分を変えることもなかなか難しいのに他人を
変えるなんてもっと難しいって考えたんですね。

それよりかは仕組化した方が楽で早いって思ったわけです。
つまり仕組化というのは最初の来店や来電から始まって
商談、成約、リピートまでがエスカレーターに乗るように
行う順番、内容がきちんとした計算のもと決まっていて
そのエスカレーターに乗せてしまえばある程度
1か月の売り上げ予測が立ちやすいってことなんですね。

で、これが出来上がれば社員のやることが明確化されるんで
怒らなくてもある程度はきちんと動いてくれるんじゃないか?
って思ったわけですね。

つまり製造業の場合、ラインがあるじゃないですか
で、ラインについている社員がさぼっているってことは
ないわけですよね。だってラインを止めてしまうわけですから

だけど僕たちみたいな営業主体の会社ってそのラインが
普通はないわけですよ。

ひとつには次にやることが明確化されていないから
サボるつもりはなくても、つい動きは鈍るわけですね

だったら営業会社にラインを引いてしまえっていうのも
考え方の中にあったわけですね。

でかなり試行錯誤して作り上げるのは楽ではなかったですけど
出来上がってからは社員に任せて会社の部屋にこもっていても
きちんとある程度は売り上げメドがつくようになったわけですね。

人の問題に手をつけてモチベーションを維持させるっていうのも
手としてはないわけではないでしょうけど属人性の排除を
めざし、仕組化した方が結局は近道っていうのが僕の考え方ですね。

中古車業界専門誌ユーストカーで連載スタートしました。
ユーストカーのお申し込みはこちらから www.u-car.co.jp

日刊自動車新聞にて毎週水曜日、中古車販売店のマーケティング入門講座を連載しています。 今、日刊自動車新聞WEB版を申し込むと

【中古車販売店向けネット集客のやり方】
A4版 11ページが無料で手に入ります。お申し込みは今すぐ

http://www.netdenjd.com/

中古車販売店の売り上げが飛躍的に伸びるメルマガ

このメルマガでは以下の事がわかります

  • お客さんが頼むから売って下さいと言わせる方法
  • 中古車販売店のネット集客方法
  • 会社を社員に任せて自動操縦する方法
  • 成約率を飛躍的に伸ばす○○シリーズという方法
  • 当社が世帯数シェア19%を確保した最強囲い込み手法

いますぐ下記よりお申し込み下さい!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

無料メルマガ配信中
中古車販売店の売上が飛躍的に伸びる門外不出のノウハウを公開中
中古車が売れなくて困っている経営者へ  中古車の在庫を30%減らし、売上を150%にする方法

カテゴリー