地域一番の中古車販売店を創造するブログ「ネット集客増強研究会」

中古車販売店の決算

2014.11.14

[`evernote` not found]
GREE にシェア

中古車販売店の決算こんにちは、
中古車販売店の売り上げアップの組織
集客増強研究会の大平です。

今日は中古車販売店の決算のやり方について
ちょっと書いてみますね。

僕は商売柄、どうしても決算書見ること多いんですけど
これ、絶対にまずいなあって思うことが一点あるんです。

それは何かというと月次決算を出していない中古車販売店
経営者が多すぎるといういうことなんですね。

つまり1年に1回の決算まできちんと黒字なのか
赤字なのか把握していない方が多いということです。

これだけはまずいですよ。
決算月まで赤字や黒字の金額が把握できていないと
いう事は例えば大きな黒字だとした場合、
税金でがっぽり持っていかれてしまうわけです。

いや、税金を払うことが嫌なわけではないんです。
むしろ税金は納めるべきと思っていますし
実際に僕のところではお蔭様で創業以来、ずっと
黒字なんできちんと税金は払っています。

じゃあ何が問題なのかというと来期のことは
わからないということなんです。

今期はきちんと利益が出ていても来期の事は
どうなるか?わからないですよね。

そのために必要なことは黒字が出そうなら
きちんと対策を取って利益の繰り延べ策をやっておくと
言うことなんですね

よく税金を払うくらいなら使ってしまえって言う方
いますけど僕はそれも違うと思います。

だって使ってしまったら確かに税金は減りますけど
来期は来期で一から再びやり直さなければならないじゃないですか。

だけど今期の利益を来期に繰り延べするような策を
取っておけば今期もそこそこ黒字を出して納税して
来期も期初にはある程度の利益が生まれているわけですから
経営的にはとっても安定するわけですよね。

特に中古車販売店という商売は在庫車両を持っている所が
おおいわけで仕入れた時の簿価は時価と月単位でずれて
いくわけですから在庫車両の簿価と時価をきちんと
把握しておかないと決算してみたら大赤字という
ような事になりかねないわけですよ。

きちんと毎月、簿価の洗い替えをして時価を把握して
実際に利益が出ているのか?出ていないのか?
把握していかないとまずい商売なんですよね。

これ最悪のケースを考えた場合、もう商売辞めたいけど
辞めるに辞めれないというようなケースにもなりかねない
わけですね

とっても大変なことをやらなければならないと
思われるかもしれませんが僕の所では5店舗ありますけど
その5店舗分の数字、朝の30ぷんくらいで僕がやってましたよ

今はもう現場やってないんで一切やってませんけど
まだ現場やってたころは朝の30分で5店舗の数字
全部入力して毎日把握していました

こんなのエクセルでちょこちょこって関数組めば
誰でもできちゃいますよ。

だから月次どころかおおよその数字なら日次でも
把握できますよ。

あとは月末だけ2時間くらい集中してやるだけですね

こういうことの繰り返しが企業体力をつけるわけで
企業体力があればいざというときも投資が出来るし
計画が立ちますよね。精神的にもいいですよ。

もし今、月次決算もやってないとしたらまずは
そこから始めること、強くお勧めしますね。

中古車業界専門誌ユーストカーで連載スタートしました。
ユーストカーのお申し込みはこちらから www.u-car.co.jp

日刊自動車新聞にて毎週水曜日、中古車販売店のマーケティング入門講座を連載しています。 今、日刊自動車新聞WEB版を申し込むと

【中古車販売店向けネット集客のやり方】
A4版 11ページが無料で手に入ります。お申し込みは今すぐ

http://www.netdenjd.com/

中古車販売店の売り上げが飛躍的に伸びるメルマガ

このメルマガでは以下の事がわかります

  • お客さんが頼むから売って下さいと言わせる方法
  • 中古車販売店のネット集客方法
  • 会社を社員に任せて自動操縦する方法
  • 成約率を飛躍的に伸ばす○○シリーズという方法
  • 当社が世帯数シェア19%を確保した最強囲い込み手法

いますぐ下記よりお申し込み下さい!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

無料メルマガ配信中
中古車販売店の売上が飛躍的に伸びる門外不出のノウハウを公開中
中古車が売れなくて困っている経営者へ  中古車の在庫を30%減らし、売上を150%にする方法

カテゴリー