地域一番の中古車販売店を創造するブログ「ネット集客増強研究会」

車屋の助成金

2015.06.16

[`evernote` not found]
GREE にシェア

車屋の助成金こんにちは、
中古車販売店の売り上げアップの組織
集客増強研究会の大平です。

今日はちょっとお国から頂ける助成金について
僕のひねくれた考え方を書いてみたいと
思います。

助成金について少し勘違いされている方も
いらっしゃるかもしれないので一言だけ
説明しますね。

助成金って融資と違って返済が必要ないんですよね。
つまり国から貰えるお金ってことですよね。
凄いですよね。だってお金くれる人ってどこにも
いないじゃないですか。でも国はハードルさえ
満たせば、ただでくれちゃうんだから凄いですよ。

で、僕の記憶が間違いなければ弊社では
過去一度も助成金って受けたことないんですよ。

で、なぜ貰おうとしないかというと申請書類を
作るのが面倒くさいということもあるし、
まあそれだけなら成功報酬制で全てやってくれる
社会保険労務士なんかもいるみたいですが
最大の理由は官の援助は受けたくないという
実に僕らしいひねくれた考え方が根本にあるんですね。

お前ってアホ?貰えるものは貰うのが当たり前だろう
って思うかもしれないですね。その通りだと思います。

だけど例えば第3セクター、官と民間が共同出資のもと
設立運営する組織なんかでうまく行って利益が出て
いるって所、あまり聞いたことないような気がするんです。

結局、官は非営利団体なわけで元々が
営利を追求する民間とは意見相違があると思うんですね。

それ以外でも完全に官が運営する組織でうまく行って
いるところってまずないように思うんです。

数年前に話題になった簡保の宿なんて散々な結果じゃ
ないですか。

皆さんの周りでも枚挙にいとまがないんじゃないですか?

尊敬する本田宗一郎さんなんかはやはり官の
世話にはならねえ。って事だったんだと思うんですね。

まあ本田宗一郎さんと僕では比較にはならないですけど
少しでも学べる考え方は学びたいですよ。

だから僕が恐れているのは助成金だって確かに
簡単に貰えるわけではないですがそういった性格の資金
つまり「貰える」という性格の資金を導入することで
自分の中に甘えが出ることを恐れているのと
後は意地ですね。

そうですね。意地ですよ。意地。
でもたぶんこれが支えているんでしょうね。

だから僕は安易な助成金導入というのはあまり
お勧めしませんね。

中古車販売店の売り上げが飛躍的に伸びるメルマガ

このメルマガでは以下の事がわかります

  • お客さんが頼むから売って下さいと言わせる方法
  • 中古車販売店のネット集客方法
  • 会社を社員に任せて自動操縦する方法
  • 成約率を飛躍的に伸ばす○○シリーズという方法
  • 当社が世帯数シェア19%を確保した最強囲い込み手法

いますぐ下記よりお申し込み下さい!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

無料メルマガ配信中
中古車販売店の売上が飛躍的に伸びる門外不出のノウハウを公開中
中古車が売れなくて困っている経営者へ  中古車の在庫を30%減らし、売上を150%にする方法

カテゴリー