地域一番の中古車販売店を創造するブログ「ネット集客増強研究会」

車屋のライバル店との差別化

2015.06.23

[`evernote` not found]
GREE にシェア

車屋のライバル店との差別化こんにちは、
中古車販売店の売り上げアップの組織
集客増強研究会の大平です。

えーとですね。みなさんの所では差別化
つまり他所の車屋さんとの違い、どうやって
打ち出しています?

ちょっと面白い事例があったんで紹介しますね。
異業種の事例ですけどかえってわかりやすいと
思います。

うちのお店の近所に個人でブローカー的に
中古車売っている方がいらっしゃるんですね。
ん?いらっしゃったかな?まだやってるかどうか
わからないです。

で、ブローカーさんって一般論としてあまり
いいイメージは持たれにくいですが
その方は結構腰の低い方でしたね。

僕に対してそうなのか他所でもそうなのかは知りませんが
僕は店にはほとんど出ないのですが、たまに店に行くと
時々見かける方で、修理依頼とかそんなのでうちの
店に出入りしていたみたいでお互いに顔は知っている
という程度の知り合いです。

で、その方景気がよかったのかどうか知りませんが
ブローカーさん以外に焼肉屋を出店したらしいです。

僕の住んでいる所はなぜか知らないですが妙に
焼肉屋が多い街なんです。誰がそんなに焼肉を
食うんだ?って思うんですけどたくさんあるんですね。
まあたぶん焼肉人口が多いんでしょうね。
僕はほとんど食べないですけど。

で、そのブローカーさんが焼肉屋を出店したって
聞いたんですけどどんな店かと思ったら
普通のカルビやホルモンやタンやそういう商品を
出す店らしいんですね。

僕がその時に思ったのは、あちゃ~寿命は短いなって
おもったんです。

だって現在もそういった普通のお店はあるわけです。
多少、内装とか接客とか色々変えても商品という
基本的な部分が一緒だと後発企業は圧倒的に
不利なんですね。

僕だったらどうしても焼肉屋を出店しなければならないと
いう状況だったら、たぶんジンギスカン専門とか
そういった差別化に持っていくでしょうね。

マーケットはカルビより小さいですけどジンギスカンを
食べる層だけ取りにいけばいいわけですから。

でこれと同じ現象がいま、中古車業界で起きているわけです。
ほとんどの方が軽自動車、低価格帯の販売に入って
いるんですね。

僕に言わせるとなんでわざわざ自分から競争が激しくて
利益が取れないカテゴリーに入っていくのか?全く
理解できないんですよ。

結局戦略を理解していないからそうなっちゃうんですね
あげくの果てが登録費用で儲けましょう。みたいな
信用を切り売りして目先の利益を追うみたいな
おかしな商売になるわけですよ。

またそれを積極的に勧めているコンサル会社もあるじゃ
ないですか。

わざわざ自分から苦しくて利益が取れないカテゴリーに
入ることないじゃないですか。

でこういう事をやっていてその結果ですけど
そのブローカーさんの始めた焼肉屋さん。
もうないみたいですね。

でもそれって始める前から帰結する結果は
見えているような気がするんですけど?

あなたならそれでもまだ軽自動車、低価格帯のカテゴリーに
入って行きます?

中古車販売店の売り上げが飛躍的に伸びるメルマガ

このメルマガでは以下の事がわかります

  • お客さんが頼むから売って下さいと言わせる方法
  • 中古車販売店のネット集客方法
  • 会社を社員に任せて自動操縦する方法
  • 成約率を飛躍的に伸ばす○○シリーズという方法
  • 当社が世帯数シェア19%を確保した最強囲い込み手法

いますぐ下記よりお申し込み下さい!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

無料メルマガ配信中
中古車販売店の売上が飛躍的に伸びる門外不出のノウハウを公開中
中古車が売れなくて困っている経営者へ  中古車の在庫を30%減らし、売上を150%にする方法

カテゴリー