地域一番の中古車販売店を創造するブログ「ネット集客増強研究会」

車屋のランディングページの考え方

2015.11.05

[`evernote` not found]
GREE にシェア

車屋のランディングページの考え方こんにちは、
中古車販売店の売り上げアップの組織
集客増強研究会の大平です。

今日は少し専門的な内容を含みます。
わかりにくいかも?ですがなるべく平易に
説明しますね。

ランディングページという考え方がかなり
浸透してきていますがまずはランディングページの
定義から説明しますね

本来の意味はネットで検索して検索結果として
出てきたものをクリックして一番最初に表示される
ウェブサイトという意味ですね。

ウェブサイトにも階層があるわけでどの階層の
ページが表示されるかわからないわけですが
一番最初に表示されるウェブサイトが本質的な意味での
ランディングページという意味です。

しかしながら日本国内ではよく見る縦長の
スクロールするタイプのウェブサイト
あれをランディングページというような
意味合いで使っている場合が多いです。

で、なぜあのような縦スクロールの形のサイトが
増えているのかというときちんとした理由が
あるんですね。

ユーザーがウェブサイトに訪問して探しているものが
3秒以内あるいは3クリック以内で見つからないと
そのサイトからは離脱するというルールがあるわけです。

だいたいは1クリックで30%のユーザーが離脱すると
言われています。これを離脱率と言いますが
つまり他のウェブサイトに出ていくことを言います。
ま、細かい説明は避けますね。

で、1クリックで30%離脱しますから3クリックしたら
ほぼすべてのユーザーは離脱するわけです。

それなら最初からクリックさせないようにしようと
言う考え方がベースにあるのがランディングページな
わけです。

似たような指標で直帰率という指標があります。
これは簡単に言うとホームページに来てそのまま
別のホームページに行ってしまう率です。
(多少異なりますが簡単に言うとそういうことです)

よく少しWEBをかじったような人(コンサル系も含めて)
が直帰率が悪いというようなことを言いますが
そもそもランディングページで他にクリックするところが
ない場合は極論したら直帰率は100%となりますから
それで全く問題ないわけです。わかります?

だって遷移するところが元々ないわけですからね

で、たぶんランディングページを作ろうと思っている
人いると思うのですが次が一番重要です。

最も重要なのはそのページに何をさせたいのか?
目的を明確化するということですね。

ほとんどのホームページでは車検も車販も板金も保険も
売りたいとなっていますが、これをやるとほぼ
どれも機能しなくなります。

そしてもっと重要な事はどうやってユーザーに
自社ホームページに来てもらうのか?
このやり方次第で、ホームページの設計が変わって
くるんですね

今日は少し専門的な事もありましたのでわかりにくい
かもしれませんがランディングページの質問
頂いた方、こんな説明でわかります?

中古車販売店の売り上げが飛躍的に伸びるメルマガ

このメルマガでは以下の事がわかります

  • お客さんが頼むから売って下さいと言わせる方法
  • 中古車販売店のネット集客方法
  • 会社を社員に任せて自動操縦する方法
  • 成約率を飛躍的に伸ばす○○シリーズという方法
  • 当社が世帯数シェア19%を確保した最強囲い込み手法

いますぐ下記よりお申し込み下さい!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

無料メルマガ配信中
中古車販売店の売上が飛躍的に伸びる門外不出のノウハウを公開中
中古車が売れなくて困っている経営者へ  中古車の在庫を30%減らし、売上を150%にする方法

カテゴリー