地域一番の中古車販売店を創造するブログ「ネット集客増強研究会」

車屋の看板の考え方

2015.12.15

[`evernote` not found]
GREE にシェア

車屋の看板の考え方こんにちは、
中古車販売店の売り上げアップの組織
集客増強研究会の大平です。

久々に看板の作り方、書いてみましょうか。
ちょっと面白い記事だと思いますよ。
過去、看板については何回か書いていますけど
今回はちょっと違った視点から看板を考えて
みましょうよ。

そうだなあ。どういう事例がいいか?
あなたが何らかの専門店をやっていて
看板を作ろうと思ったとしましょうよ。

バン系の専門店にしましょうか?
で、あなたは看板を作らなければならないと
しましょうか?

色々考えるわけですよ。看板になんて書くか
考えるわけですよ。

バン専門店とか
ハイエース専門店とか
商用車専門店がいいかなあ?とか
う~ん。キャラバン専門店と書こうか?
とか、ま他にもありますよね。

今、事例として挙げた4つを仮に
A B C D としましょうか。
ただこのABCDは上に書いた順番とは全く関係
ないですよ。あくまでも事例であり順番はないです

でこのABCDの4種類、どの看板がAだとかBだとかは
ちょっと書けないですけどただの看板ですけど
どれを使うか?で潜在顧客数はどれくらい
違うと思います?

最も少ない潜在顧客数の看板を1とすると
1対4.1対13.8対77.5 となるんですよ

つまり最も潜在顧客数が少ない看板を作るのに
比較して最も潜在顧客数が多い看板を作れば
それだけで潜在顧客数は77,5倍となるんですね

これ勘違いされるといけないから書きますけど
潜在顧客数というのは中古車というような
カテゴリーに入る漠然とした潜在顧客数ではなくて
きちんとターゲッティングされた潜在顧客数という
意味です。

ただこの場でのターゲッティングというのは僕がよく言う
絞り込みという意味じゃないんです

絞り込みというのは戦略面での話であり看板は戦術面での
話なんで全く異なるんです。

う~ん。わからないですよね?
ちょっと深い話なんでわかりにくいと思います。

単純に看板に何を書くか?で来店する顧客数に
統計的には1対4.1対13.8対77.5の開きが出ますよ
という意味です。

あくまでも統計的データなんでそのまま最低と最大を
比較して77倍の来店数に開きが出るという意味じゃないですけど
間違いなく大きな開きは出るでしょうね。

たぶん皆さん、頭の中で色々考えていると思いますけど
こんなことくらいなら集研の会員さんなら忘れて
ない限り、だれでも知っていることですけどね

まあこの事例は先日、会員さんから相談受けて
その時にこの看板で行きましょう。って言う
話したんで、その時の事例を書いたんですけどね

もちろん会員さんには答えをきちんと伝えてますし
なぜそういうことが言えるのかもきちんと伝えて
ます。忘れていたみたいですね。

こんなこと、調べ方を知っているか知らないかだけで
大したことじゃないんですよ。

だけど知っているか知っていないか?だけが
経営に大きな決定的とも言える影響を与える
わけですから本当に経営って怖いですよね。

あ、正答は質問頂いても答えられないですよ。

中古車販売店の売り上げが飛躍的に伸びるメルマガ

このメルマガでは以下の事がわかります

  • お客さんが頼むから売って下さいと言わせる方法
  • 中古車販売店のネット集客方法
  • 会社を社員に任せて自動操縦する方法
  • 成約率を飛躍的に伸ばす○○シリーズという方法
  • 当社が世帯数シェア19%を確保した最強囲い込み手法

いますぐ下記よりお申し込み下さい!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

無料メルマガ配信中
中古車販売店の売上が飛躍的に伸びる門外不出のノウハウを公開中
中古車が売れなくて困っている経営者へ  中古車の在庫を30%減らし、売上を150%にする方法

カテゴリー