地域一番の中古車販売店を創造するブログ「ネット集客増強研究会」

モチベーションから見た車屋という仕事

2016.03.19

[`evernote` not found]
GREE にシェア

モチベーションから見た車屋という仕事こんにちわ
中古車販売店の売り上げアップの組織
集客増強研究会の大平です。

今日のテーマ、車屋のモチベーションについて
少し書いてみたいと思います。

つまりやる気ですね。
経営者の方は社員さんのモチベーションの維持に
頭、悩ませているんではないでしょうか?

インセンティブだったり福利厚生だったり
その一環としての社員旅行だったり
或いはノミニュケーションだったりと
色々考えていらっしゃるんじゃないかと思います。

で、僕の考える社員のモチベーション維持
それはお客さんに感謝される店作りって言う
ことじゃないかなあ?って思ってます。

もちろん異論がある方もいらっしゃると思いますし
それはそれでいいんじゃないでしょうか。

ちょっと説明しますね。

創業経営者の場合ですけど独立の動機として
比較的多いのはやはりお金のケースが多いんですね
特に僕たちの世代なんかだと極めて多いわけです。

だけど創業経営者というのはある種、特殊な
変わった人間であることが多いわけです。(笑)
もちろん僕も含めてですけど。

で、独立の動機がお金になっていることが多いので
インセンティブみたいなものにどうしても目が
行きやすく、インセンティブで人を動かすのが
最も確実と思いやすいわけですね。

だけど、人って創業経営者が思っている以上に
お金だけではないんですね。

まあこれ想像ですけど悪徳商法みたいな仕事って
あるじゃないですか。
これの離職率ってすご~く高いと思うんですね。

もしお金がモチベーションに最も寄与するのであれば
比較的儲けやすい悪徳商法みたいなものの離職率は
低くなるはずなんですね。

じゃあ何かというと人ってお金だけじゃなくて
感謝された時ってすごく嬉しいじゃないですか。
感謝されたら、やる気も出てきますよね。

お客さんに感謝されずにお前の店では二度と買わないって
言われたらいくら給料よくても嫌になるのが普通じゃ
ないですか。

だから社員さんのモチベーションと感謝される店作りって
言うのは直結してると思うんですね。

感謝される店作りって何?と言われたら正々堂々と
王道の商売をするって事しかないんじゃないですか。

2年くらい前に面白い話聞いたことがあるんですよね。
ある新しい事を仕掛けるのが好きな会社の社長の所に
うちの会員さんが店舗見学に行ったらしいですね。

で、色々見せてもらって別れ際に、でも俺はいつまでも
中古車屋をやるつもりはないってその社長言ったらしいですよ。

なんでですか?って聞いたら「子供にお父さんの仕事は中古車屋
とは言いにくい」って言ったらしいですよ。

よほどやましい商売してるんでしょうね。
何か世間さまに胸張って言えないような事、してるんでしょうね。
それとももっと横文字系の仕事が素晴らしいと思ってるのかも
しれないですね。

うちの次女がまだ中学の時、通っていた塾の先生がある日
〇〇ちゃんのお父さんってあそこのお店の社長さんなの?
って聞かれたらしいですよ。

そうです。と答えたら、あそこのお店誰に聞いてもめちゃくちゃ
評判いいんだよね。お父さんに言っておいて。
娘の車、買いに行くから安くしてね。って言っておいてね。

後日、本当に来て車買ってくれたんですね。

弊社の場合、社員の定着率、異常に高いんですね。
ほぼ誰も辞めないんです。
それはお客さんに感謝されるという事と無関係では
ないと考えています。

僕は胸を張って仕事は中古車屋だと言いますよ。

中古車販売店の売り上げが飛躍的に伸びるメルマガ

このメルマガでは以下の事がわかります

  • お客さんが頼むから売って下さいと言わせる方法
  • 中古車販売店のネット集客方法
  • 会社を社員に任せて自動操縦する方法
  • 成約率を飛躍的に伸ばす○○シリーズという方法
  • 当社が世帯数シェア19%を確保した最強囲い込み手法

いますぐ下記よりお申し込み下さい!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

無料メルマガ配信中
中古車販売店の売上が飛躍的に伸びる門外不出のノウハウを公開中
中古車が売れなくて困っている経営者へ  中古車の在庫を30%減らし、売上を150%にする方法

カテゴリー