地域一番の中古車販売店を創造するブログ「ネット集客増強研究会」

新古車の店舗ってどうよ?

2016.05.14

[`evernote` not found]
GREE にシェア

新古車の店舗ってどうよ?こんにちわ
中古車販売店の売り上げアップの組織
集客増強研究会の大平です。

あ、新古車って言ってはいけないんですよね。
はいはい、未使用車ですね。
僕だってわかってますよ。
だけどあえて新古車って書いたのは検索ワードは
新古車なんです。未使用車じゃないんですね。
正確には「売り上げを伸ばす新古車店舗」
このワードでの検索が多いんですね。

で、この新古車販売に関しての僕の考え方ですね。

僕の記事を長くお読みになっている方はご存知だと
思うんですけど基本的に僕の場合、
価格勝負というか価格を前面に押し出してお客さんを
呼ぶやり方って好きじゃないのはご存知のとおりです

なぜって永遠の価格勝負になるからですね。
で、こういう所に集まるお客さんって価格のみと
言う方多いですから他が少しでも安ければ
平気でそっちに流れるケース多いので囲い込みが
難しいんですよね。

前にも書いたことありますけど弊社の近くに
〇万円堂っていうめがね屋さんあったんですけど
撤退したんですね。

こういうネーミングって仮に15000円で売っても
〇万円で売っていると思われて、他に安い所出てくると
価格のみのお客さんだと簡単に流れてしまうわけですね

で、本題の新古車ですけど売り上げ自体は作りやすいんじゃ
ないでしょうか。

ただ問題は利益なんですよね。中古車販売店経営者なら
誰でも知っていますが普通に仕入れて普通に売ったら
経営的には維持しにくい利益しか取れないわけじゃないですか。

だから結果的にはみせかけの数字と実際の販売価格(乗りだし価格)
との間にはどうしても乖離を生みやすいわけですね。

で、こういう商法を続けた場合ですけど現在のような
確実に人口が減っていく時代、少子高齢化という時代の
場合、リピーターが生まれにくいビジネスモデルって結局はかなり
苦戦することになってくるんですね

ビジネスモデル自体が人口が増えてくる時代のビジネスモデル
だと僕は考えているんですね

まあ商売自体を数年という単位で考えているのならいいかも
しれませんけどね

もうひとつは自分がこういうやり方をしたいかどうか?
ですよね。

僕は自分のポリシーとして王道を行くっていうのを
パーソナルミッションとしているので少なくとも
僕は手を出さないでしょうね。

中古車販売店の売り上げが飛躍的に伸びるメルマガ

このメルマガでは以下の事がわかります

  • お客さんが頼むから売って下さいと言わせる方法
  • 中古車販売店のネット集客方法
  • 会社を社員に任せて自動操縦する方法
  • 成約率を飛躍的に伸ばす○○シリーズという方法
  • 当社が世帯数シェア19%を確保した最強囲い込み手法

いますぐ下記よりお申し込み下さい!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

無料メルマガ配信中
中古車販売店の売上が飛躍的に伸びる門外不出のノウハウを公開中
中古車が売れなくて困っている経営者へ  中古車の在庫を30%減らし、売上を150%にする方法

カテゴリー