地域一番の中古車販売店を創造するブログ「ネット集客増強研究会」

車屋のライバルとの関係

2016.07.29

[`evernote` not found]
GREE にシェア

車屋のライバルとの関係こんにちわ
中古車販売店の売り上げアップの組織
集客増強研究会の大平です。

えーとですね。
よく聞く話なんですけど、この商品
ライバルがいないから売れるだろう。
というような話、聞くことありますよね。

だけどライバルがいない商品やサービスを
売るのってめっちゃ大変なんですよ。

というか、ライバルがいない商品って
特別な場合を除いて、ほぼ赤字になるんですね。

なぜかというと、お客さんが見たことも
聞いたこともない商品を売るのはめっちゃ
大変なんですね。

例えばですけど車の買い取り専門店
今でこそ、お客さんは普通に利用しますけど
これが始まった初期というのは、買い取り専門店と
いう商売のコンセプトが伝わらないんで
利用してもらうのが大変だったんですね。

お客さんにしてみたら
買い取り専門店って買うばかりで
どうやって商売になるの?っていう
イメージだったんですね。

ま、車屋側から見ればそんな心配せず
とにかく来店してください。って事なんですけど
見たことも聞いたこともない新しい
商売やサービスって最初は広告宣伝費ばかり
かかってほとんど利益が出にくい構造なんです。

競合の商品やサービスがないと売りやすいと
思われがちなんですけど、実際は真逆で
ほとんどのお客さんは新しい商品やサービスの
モルモットにはなりたくないと考えるのが
普通なんですね。

新しい商品やサービスを売り出す上で最も
重要なのは参入のタイミングなんですよ。

全く新しいサービスや商品は確かに大化けする
可能性を秘めているのも事実じゃないですか。

そうすると最初は用意だけしておいて参入せず
じーっとマーケットを見ていて、今だ。という
タイミングで参入すると最も効率的に
大きな利益を生み出すことができるわけですね。

で、このタイミングを見図るやり方っていうのが
あるんですよ。

詳しい人は事業のSカーブ曲線というのがあるんですが
これを使って分析する人もいますけど
こんな難しい事しなくてももう少し
簡単に一気にマーケットを制圧する方法と
言うのがあるんですね。

これ使えるようになると商売って一気に
儲かるんですけどね。

中古車販売店の売り上げが飛躍的に伸びるメルマガ

このメルマガでは以下の事がわかります

  • お客さんが頼むから売って下さいと言わせる方法
  • 中古車販売店のネット集客方法
  • 会社を社員に任せて自動操縦する方法
  • 成約率を飛躍的に伸ばす○○シリーズという方法
  • 当社が世帯数シェア19%を確保した最強囲い込み手法

いますぐ下記よりお申し込み下さい!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

無料メルマガ配信中
中古車販売店の売上が飛躍的に伸びる門外不出のノウハウを公開中
中古車が売れなくて困っている経営者へ  中古車の在庫を30%減らし、売上を150%にする方法

カテゴリー