地域一番の中古車販売店を創造するブログ「ネット集客増強研究会」

車屋の広告の考え方

2016.12.30

[`evernote` not found]
GREE にシェア

車屋の広告の考え方車屋の広告ですか?

順を追って説明しますね。
まず、従来の車屋の広告の目的はなにか?
というとそのお店に行けば○○という車が
いくらで売っている。ということを
周知することが目的ですよね。

ということは逆にいうと○○という車が
広告、この場合はチラシでもグーネットや
カーセンサーネットでもなんでもいいんですが
この広告枠の中に入っていない車は
売れないということですよね。

つまり車を仕入れてそれを欲しいお客さんを
探すという方法ですね。

で、販売台数を伸ばそうとした場合
展示台数を増やせば、つまり広告枠に
掲載する車両台数を増やせば販売台数は
伸びるわけです。

だけど問題は在庫回転率が著しく落ちているために
展示車両に占める販売台数と売れ残り台数の
比率が極端に悪化していて単純に
広告掲載台数を増やしても利益は増えないというのが
現状ですよね。

まあ、僕があえて説明しなくてもいいと
おもいます。

つまりは根源的な問題は展示して売るという
ビジネスモデルそのものに問題があるわけです。

もっとわかりやすく言うと車を仕入れてそれを
探しているお客さんを探すという砂漠で針を
拾うような不確実なビジネスモデルはやめると
いうことなんですね。

だって昔は並べてたまたま店の前を通りかかった
お客さんが買っていったわけですが
それが厳しくなったからグーネットやカーセンサーネットで
売りましょう。って本質的には何も変わってないわけですよ

だから広告も車の写真とプライスという
広告を辞めれば極めて効率はよくなってくるんです

車の写真とプライスという広告をやめる?

そうです。ちょっと想像つかないかもしれないですが
集研の会員さんはみんなその広告を使っています

車屋の広告の考え方は車の写真とプライスという
やり方をやめれば楽になるんですよ

年末のご挨拶
ということで、非常識な僕も年末の挨拶くらいは
したほうがいいかな?と思い記載しておきます
今年もお読みいただきありがとうございました
新年はそうですね。6日あたりからボツボツと
始める予定です。ではよいお年を!

中古車販売店の売り上げが飛躍的に伸びるメルマガ

このメルマガでは以下の事がわかります

  • お客さんが頼むから売って下さいと言わせる方法
  • 中古車販売店のネット集客方法
  • 会社を社員に任せて自動操縦する方法
  • 成約率を飛躍的に伸ばす○○シリーズという方法
  • 当社が世帯数シェア19%を確保した最強囲い込み手法

いますぐ下記よりお申し込み下さい!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

無料メルマガ配信中
中古車販売店の売上が飛躍的に伸びる門外不出のノウハウを公開中
中古車が売れなくて困っている経営者へ  中古車の在庫を30%減らし、売上を150%にする方法

カテゴリー