地域一番の中古車販売店を創造するブログ「ネット集客増強研究会」

車屋の店舗数

2017.05.05

[`evernote` not found]
GREE にシェア

車屋の店舗数車屋の店舗数って正確なデータ
どこを探してもないんですよ

そもそも車屋という定義が
中古車販売店なのか新車ディーラーも含めるのか?
整備業者はどうなの?とか自動車鈑金も含めるのか?
というような定義がきちんとしてないんですね

最も実数に近い近似値は中販の加盟数とか
各オークション会場の会員数とかが近似値だと
思いますよ。

で、この質問の目的を考えると
店舗数から競合状況を推測したいという
意味だと思うんですよね。

そういった意味で言うと公表されているデータから
推測すると板金屋さんなんかも含めると
8万件くらいじゃないかと思うんですよね。

自動車産業って日本経済の根幹をずっと
支えてきた産業なんで裾野は相当広いわけですよ。

だってどんな山の中に行っても必ずダイハツや
スズキの看板上げた車屋、絶対に見るじゃないですか。

で、どこにでもあるコンビニ
あれの店舗数って知ってます?

うろ覚えだから間違っているかもしれないですけど
確か、1~2年前くらいで5万件くらいだったですよ
あのどこにでもあるコンビニが5万件

で、車屋がどれくらいだと思います?
ある程度信頼できる統計データによると8万件って
いわれているんですよね

つまりあれだけあるコンビニの1,5倍近くあるって
事なんですよね。

え~っ!って感じじゃないですか?
そんなにあるかなあ?って感じですよね。

僕も最初そう思ったんですけどよくよく考えてみると
田舎の山の中に行ったりして、コンビニがない地域って
いっぱいあるじゃないですか。
だけど車屋はどんな田舎に行っても絶対にありますよね。
つまりコンビニよりはるかに多いわけですよ。

でみなさん、そういった状況の中で競争を繰り広げているわけです。
だから利益を出して経営していこうと思ったら
相当な努力しないと利益が出にくい業界って言って
いいわけです。

だって今コンビニだってちょっと駐車場が狭いとか
ちょっと立地に難があるとか、接客が悪いとかで
簡単に撤退になるじゃないですか。

マニュアル化されているコンビニですらそうなんですよ

それがきちんとした経営ノウハウやマニュアルを持たない
車屋であれば利益を出しながら継続していくっていうのは
かなり努力が必要なわけですよ

こういったマクロレベルでの競合状況を知るっていうことは
経営していく上では結構大事な事なんですよね。

中古車販売店の売り上げが飛躍的に伸びるメルマガ

このメルマガでは以下の事がわかります

  • お客さんが頼むから売って下さいと言わせる方法
  • 中古車販売店のネット集客方法
  • 会社を社員に任せて自動操縦する方法
  • 成約率を飛躍的に伸ばす○○シリーズという方法
  • 当社が世帯数シェア19%を確保した最強囲い込み手法

いますぐ下記よりお申し込み下さい!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

無料メルマガ配信中
中古車販売店の売上が飛躍的に伸びる門外不出のノウハウを公開中
中古車が売れなくて困っている経営者へ  中古車の在庫を30%減らし、売上を150%にする方法

カテゴリー