地域一番の中古車販売店を創造するブログ「ネット集客増強研究会」

車の輸出という商売の考察

2017.04.04

[`evernote` not found]
GREE にシェア

車の輸出という商売の考察う~ん、一言でいうと
儲からないですね(笑)

まあ儲かっているところもあるんでしょうけど
手間暇かかる割には儲からないっていう
イメージですね。

まあきちんとした理由があるんですよね

ひとつには輸出相手国の政情や都合で簡単に
諸々が変わってしまうのでリスクが大きいですよね

これ考えてみれば当たり前のことで
だって今、この時代にガンガン車を輸入している国
っていうのは今まさにモーターリーゼーションが
起きているわけでしょ

つまり自国内において自動車メーカーがないか
あっても経営基盤は極めて脆弱なわけじゃないです

ということはそういった国というのは
発展途上国である可能性が高く政情や経済は
安定していないので簡単にルールは変わりますよね

もちろん先進国で輸入している国もありますけど
それはマニア性の高い車両であったり、自国が
特別な経済基盤(石油なんかですよね)を持っていて
あえて他の経済基盤を作る必要がないケースですよね

普通に考えると日本という国はGDPで世界3位なんですから
国内販売の方が売りやすいと考えた方が順当な
考え方だと思うんですよ。

二つ目には商売の原理原則があるんですよね
商売っていうのは消費者に近いか遠いかで
利益の構成の仕方が変わってくるんですよ

つまり消費者に近い場合
利益率高い × 数は売りにくい
わけですけど卸売に近くなるほど
利益額低い × 数は捌ける

こういった公式の上に成り立っているわけですね
で、輸出の場合は買い手(外人)の方が消費者に
近いわけですから
利益額低い × 数を捌く というような形に
持ってこないと儲けは出にくい構造なんですよ

だけど現在、一般論として輸出も昔ほど
数、さばけなくなっているじゃないですか。
だから儲けにくくなっているんですよね

まあ利益や手間暇考えたら国内販売の方が
儲けやすいと思いますよ

中古車販売店の売り上げが飛躍的に伸びるメルマガ

このメルマガでは以下の事がわかります

  • お客さんが頼むから売って下さいと言わせる方法
  • 中古車販売店のネット集客方法
  • 会社を社員に任せて自動操縦する方法
  • 成約率を飛躍的に伸ばす○○シリーズという方法
  • 当社が世帯数シェア19%を確保した最強囲い込み手法

いますぐ下記よりお申し込み下さい!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

無料メルマガ配信中
中古車販売店の売上が飛躍的に伸びる門外不出のノウハウを公開中
中古車が売れなくて困っている経営者へ  中古車の在庫を30%減らし、売上を150%にする方法

カテゴリー