地域一番の中古車販売店を創造するブログ「ネット集客増強研究会」

車屋の利益を決める経営要因

2017.04.11

[`evernote` not found]
GREE にシェア

車屋の利益を決める経営要因車屋の利益を決める経営要因
僕、当たり前だと思っていたんですけど
以外と知られていないようなので
説明しますね

えーとですね
高額商品ってあるじゃないですか

車ももちろんそうですし
家なんかも高額商品ですよね

こういった高額商品を扱う商売の決定的な
経営要因、つまり利益が生まれるか?
赤字を垂れ流すか?この要因なんだと
思います?

よく言われるのは人件費が最も高いとか
言われますけどもっと高いコストっていうのが
あるんですよ。

それは何かというと顧客獲得コストなんですよ
つまり新規のお客さん(この場合見込み客ですね)
を見つけてくるコストなんですよ。

みなさん、この顧客獲得コストっていうのを
計算したことあります?

計算式自体は四則演算(足し算、引き算、掛け算、割り算)
ができれば誰でもできる簡単なものなんですね

ただ問題はほとんどの方がこの顧客獲得コストが
最大の経営圧迫要因だと気がついていないんで
計算自体をしていないことに問題があるんですね

で、中古車の古くからあるビジネスモデル
車を展示してお客さんに見に来て貰って
買って貰うってビジネスモデル
これ構造的に顧客獲得コストが下がらないモデルなんですよ
構造的な問題なんだから努力しても無駄なんですよ

で、どうしてもこの顧客獲得コストを昔からある
ビジネスモデルで下げようとした場合
車を安く見せかけて費用でがっぽりとか
車は安いけどオプション購入が条件とか
あまりやりたくない事をやらざるを得なくなるんです

あ、そういうことが好きなら別ですよ
僕は個人的には騙しに近いと思っているんで
やりたくはないです。

でも普通は商売ってお客さんに感謝されて喜ばれて
永続するものであって、お客さんが広告見て行ったら
どんどん値段が上がっていくって、喜ばれると
思います?

話それましたけど、この高額商品の販売の経営において
最大の圧迫要因である顧客獲得コストを下げる方法って
いうのがあるんですよ。

ここに経営資源を持ってこないと永遠に儲かる
会社にはならないと思いますけどね。

中古車販売店の売り上げが飛躍的に伸びるメルマガ

このメルマガでは以下の事がわかります

  • お客さんが頼むから売って下さいと言わせる方法
  • 中古車販売店のネット集客方法
  • 会社を社員に任せて自動操縦する方法
  • 成約率を飛躍的に伸ばす○○シリーズという方法
  • 当社が世帯数シェア19%を確保した最強囲い込み手法

いますぐ下記よりお申し込み下さい!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

無料メルマガ配信中
中古車販売店の売上が飛躍的に伸びる門外不出のノウハウを公開中
中古車が売れなくて困っている経営者へ  中古車の在庫を30%減らし、売上を150%にする方法

カテゴリー