地域一番の中古車販売店を創造するブログ「ネット集客増強研究会」

車屋の投資に関する考え方

2017.05.09

[`evernote` not found]
GREE にシェア

車屋の投資に関する考え方車屋さんの投資に関する考え方
少し僕の思うところ、書いてみますね。

えーとですね
投資といってもいろんな投資ありますよね
もちろん株式投資とかそういった意味じゃ
ないですよ。

どう説明したらいいでしょう
モノとして目に見える投資と
消化してしまう投資とでも言ったらいいかなあ

例えばタイヤチェンジャーを買うとか
リフトを新設するとかホイルバランサーを
更新するとか、これってモノとして
残る目に見える投資じゃないですか。

一方で広告宣伝費とかなんらかの郵便物を
出すための郵送料とか宅配便に払うお金
これは目に見えて残るものではなくて
消化してしまうものじゃないですか。

で、あくまでも僕個人の意見なんで
それは違うよ。っていう方もいらっしゃるかも
しれないですが、僕個人の感じ方だと
ものとして残る目に見える投資って
みなさん結構抵抗なくやっているように
見えるんですね

で、一方で目に見えて残らない消化してしまう
投資。これになると途端に惜しむというか
投資金額が圧倒的にこの業界は少ないように
思うんですね。

気持ちわからないでもないんですよね
例えば広告宣伝費を使ったとしても
確実に反応が取れるとは限らない

あるいはダイレクトメールのために郵送料を
使ったとしても確実にそれで売れるか?
わからない

だけどタイヤチェンジャーなら確実に目の前に残る

深く考えて決めているわけじゃないでしょうけど
恐らくはこういった感情が底辺に流れていると
思うんですね。

だけどよ~く考えて見てください
タイヤチェンジャーもお客さんが来てこそ
生きるわけですよ。

確かに目に見えて残るけどお客さんが来て使う
チャンスがなければ完全な無駄な投資であり
使用頻度が低いのであれば外注でやったほうが
はるかにいいわけですね

こうやって考えると投資の優先順位は
見えてくるんじゃないですか?

もっとわかりやすく平べったい言葉で言うと
安物のどんぶりを使っていてそれが原因で
潰れたラーメン屋はありませんけど
お客さんが来なくて潰れたラーメン屋は山のように
あるわけですよ。

車屋の投資の優先順位、感情ではなくてロジックで
判断するべきだと僕は思いますけどね。

中古車販売店の売り上げが飛躍的に伸びるメルマガ

このメルマガでは以下の事がわかります

  • お客さんが頼むから売って下さいと言わせる方法
  • 中古車販売店のネット集客方法
  • 会社を社員に任せて自動操縦する方法
  • 成約率を飛躍的に伸ばす○○シリーズという方法
  • 当社が世帯数シェア19%を確保した最強囲い込み手法

いますぐ下記よりお申し込み下さい!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

無料メルマガ配信中
中古車販売店の売上が飛躍的に伸びる門外不出のノウハウを公開中
中古車が売れなくて困っている経営者へ  中古車の在庫を30%減らし、売上を150%にする方法

カテゴリー