地域一番の中古車販売店を創造するブログ「ネット集客増強研究会」

車屋はレッドオーシャン?ブルーオーシャン?

2017.06.16

[`evernote` not found]
GREE にシェア

車屋はレッドオーシャン?ブルーオーシャン?車屋はレッドオーシャン?ブルーオーシャンなの?
つまりレッドオーシャンは血の海、厳しい商売ということですね
ブルーオーシャンはその反対という意味です。

で、よく素晴らしいコンサルタントの先生がネットなんかで
ブルーオーシャンのビジネスを探せ!みたいなこと
おっしゃってますね。

せんせー、意地悪しないと教えて下さいよって
話じゃないですか。

そもそもフェイスブックなんかみたら
自称コンサルタントだらけじゃないですか。

だってコンサルタントって特に資格必要ないし
自分で名乗ればコンサルタントですからね

僕のところにもメール来ますよ
コンサル志望の方、

だけどまずは自分で会社興して成功させてから
っていうのが順番だと思いますけどね。

あ、レッドオーシャンとブルーオーシャンの話でしたね。
逸れてしまいました。

まあ中古車販売がブルーオーシャンだと思っている人は
あまりいないと思いますけど、そもそもなんですが
コンサルのせんせーがおっしゃるような○○という商売は
ブルーオーシャンか?レッドオーシャンか?というような
ステレオタイプで右か?左か?と分けること自体が
あまり意味がわかってないと思いますけどね。

つまりどんな商売にもその中にブルーオーシャンと
レッドオーシャンの部分が混在しているのであり
この商売はブルーまたはレッドと分類すること自体
無理。というのが僕の考え方です。

例えばAという商売があるとするじゃないですか。

でAという商売の中にも扱い商品であったり
顧客層であったりターゲット層であったり
あるいは決済タイミングであったり色々な
パターンがあるわけですよ。

そこを少し工夫することにより商売自体が
レッドオーシャンにもブルーオーシャンにも
どちらにもなると言うことなんですね

まあ中古車販売をブルーオーシャンにしたかったら
上に書いた事例の中のどれかにブルーオーシャン化の
ヒントがあるんですけどね

当たり前ですけど答えは書けないんで
考えてみたらどうでしょうか?

中古車販売店の売り上げが飛躍的に伸びるメルマガ

このメルマガでは以下の事がわかります

  • お客さんが頼むから売って下さいと言わせる方法
  • 中古車販売店のネット集客方法
  • 会社を社員に任せて自動操縦する方法
  • 成約率を飛躍的に伸ばす○○シリーズという方法
  • 当社が世帯数シェア19%を確保した最強囲い込み手法

いますぐ下記よりお申し込み下さい!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

無料メルマガ配信中
中古車販売店の売上が飛躍的に伸びる門外不出のノウハウを公開中
中古車が売れなくて困っている経営者へ  中古車の在庫を30%減らし、売上を150%にする方法

カテゴリー