地域一番の中古車販売店を創造するブログ「ネット集客増強研究会」

経営危機の車屋の判断方法

2018.02.09

[`evernote` not found]
GREE にシェア

経営危機の車屋の判断方法まああまり書きたい記事では
ないですよね

今現在、なんとか会社は回っているとしても
将来、あるいは数年後に対し漠然とした
不安がある。

自分のところは大丈夫なんだろうか?
経営者なら誰でもこういった不安は
あるわけですけど、本当に危ないケースと
まあ大丈夫というケースがあるわけです。

で、その最も簡単な判断方法です。

自分で創業したというケースもあるでしょうし
親の後を継いだというケースもあるでしょうけど
見分け方はあまり変わりません

まず創業したケースですね
創業からおおむね5年程度経過した段階で
企業規模、この場合売上は普通は伸びますから
企業規模と言っても売上ではなくて
社員数とか店舗数、とくに社員数が増えていない
これ、かなり危険な兆候です。

なぜって言うと普通は創業から5年も経てば
固定客もそろそろ付き始めて売上は
伸びるわけです。そして自分だけでは
店舗運営が回らなくなってきてるのが
普通なんですね

それが社員数が増えない。あるいは社員が
居着かない。何か問題があるはずなんです。

親から受け継いだケースだと最も多いのが
親も歳をとったけど顧客も一緒に歳を取っていて
少しづつだけど売上が下がってきているケース

これどっちのケースもかなり危険な兆候なんです
まあはっきり言うと何か手を打たないと
時間の問題となるケースがほとんどです。

で、本当に倒産してしまう場合となんとか持ち直す
場合、これも明確な基準ってあるんですよ

上記のような兆候があることを確認しながら
なんとなく何も手を打たない

これ本当に多いんですよ
目先の面倒なことや考えるという作業から
逃げてしまうんでしょうね

想像力の問題なんですけど本当に倒産したら
どういう地獄が待っているか?想像できないのかも
しれません。

製造業や物販などで倒産した会社を数社見たことがありますが
本当に倒産したら会社を潰さないための努力なんて
比較にならないくらい大変なんですよ。

兆候があると感じたら今すぐ手を打ち始めないと
間に合いませんよ

中古車販売店の売り上げが飛躍的に伸びるメルマガ

このメルマガでは以下の事がわかります

  • お客さんが頼むから売って下さいと言わせる方法
  • 中古車販売店のネット集客方法
  • 会社を社員に任せて自動操縦する方法
  • 成約率を飛躍的に伸ばす○○シリーズという方法
  • 当社が世帯数シェア19%を確保した最強囲い込み手法

いますぐ下記よりお申し込み下さい!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

無料メルマガ配信中
中古車販売店の売上が飛躍的に伸びる門外不出のノウハウを公開中
中古車が売れなくて困っている経営者へ  中古車の在庫を30%減らし、売上を150%にする方法

カテゴリー