地域一番の中古車販売店を創造するブログ「ネット集客増強研究会」

車屋とコンプライアンス

2018.08.10

[`evernote` not found]
GREE にシェア

車屋とコンプライアンス車屋とコンプライアンス
まあ正直言って僕の感想としては
コンプライアンス、コンプライアンスって
ちょっと行き過ぎじゃないの?って思って
いる部分もありますけどね。

そもそもがそういったルールを重んじる
人間であればおとなしくサラリーマン
してますよ。

だけどサラリーマン社会からはみ出してしまって
ちゃんと会社勤めができないから独立した
わけですから。
まあそうは言っても先進国の場合、社会が
成熟すればするほどコンプライアンスに厳しく
なるのは仕方ないので気をつけてやっていくしか
ないですね。

今ですか?今はかなり神経質に守っていますよ。
企業規模が一定上になれば守らざるを得ないですから。

で、そのコンプライアンスですけどパワハラとか
セクハラみたいなわかりやすいものなら気を
つけようがあるからいいんですけど経理系の
コンプライアンスみたいなわかりにくいものだと
よほど気をつけないと怖いんですよ。

経理系のコンプライアンスって何かというと
例えばですけど、車検代金を前受けでローン組み込みだと
役務の提供になる上に自賠責保険料なども一緒に
組んだりすると業法に明確に抵触してバレたら
一発アウトなんですよね。

これローンではなくてリースだと問題ないんですけど
クレジット契約だと相当やばいわけですよ

もっともこういった手法を推奨してやらせている(いた?)
コンサル会社もあるわけで本当に恐ろしいとしか
いいようがないわけですね

今、コンプライアンスという問題は下手を打つと
会社の命運まで決めてしまいますから
一番いいのは怪しげな手法はわからないから
やらない。ということ以外、逃げようがないんですよね

まあ普通にきちんと真面目に正直に商売やっていれば
大丈夫なんですけど怪しいやり方を勧めるところって
結構ありますからね。

追記
あくまでも個人的な意見ですけど、法を守る
これは当たり前です。最もタチが悪いのが
法すれすれで詐欺ではないけど詐欺的なやり方
これは許せないですよ。
こういう奴らは徹底的に取り締まるべきだと
思いますけど言いたいことが言えない社会
これもどうかと思いますけどね
最近のアメリカではメリークリスマスも、うかつには
言えない社会になっています。
これもどうかと思いますよ。

中古車販売店の売り上げが飛躍的に伸びるメルマガ

このメルマガでは以下の事がわかります

  • お客さんが頼むから売って下さいと言わせる方法
  • 中古車販売店のネット集客方法
  • 会社を社員に任せて自動操縦する方法
  • 成約率を飛躍的に伸ばす○○シリーズという方法
  • 当社が世帯数シェア19%を確保した最強囲い込み手法

いますぐ下記よりお申し込み下さい!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

無料メルマガ配信中
中古車販売店の売上が飛躍的に伸びる門外不出のノウハウを公開中
中古車が売れなくて困っている経営者へ  中古車の在庫を30%減らし、売上を150%にする方法

カテゴリー