地域一番の中古車販売店を創造するブログ「ネット集客増強研究会」

中古車の委託販売という商売

2019.01.25

[`evernote` not found]
GREE にシェア

中古車の委託販売という商売【中古車 委託販売】という検索ワード
から入って来ているひと多いんで
委託販売に関して少し僕の考え方を
書いてみますね。

基本的に僕の考え方はネガティブです。
以下、その理由です。

まず利用するユーザー、この場合
買い手側ではなく売り手側
つまりどういう人が出品するのか?

利用するユーザーは委託の価格を決めるにあたって
ある程度、価格は調べているのが普通ですよね
最も簡単なのは買取店の利用です。

仮に買取店で100万円と言われたとしましょう
そうするとそれ以上で売りたいユーザーですね
100万でよければ即時換金できる買取店に出す
はずですから

一般論としては買取店も現在は昔ほど
利幅があるわけではないので委託ユーザーの
希望価格は限りなくAA価格に近い、もしくは
下手をするとAA価格より若干、上という可能性も
考えられます。

一方で委託販売で買うことを考えるユーザー
(まあ実際にはほとんどいないと思いますけど)
買う理由は2つだと思います。

①安ければなんでもいいと考えるユーザー
②委託に出ていた車がたまたま自分の欲しい車だった

まず①から
受託した側はユーザー希望価格に利益等乗せて
プライスを付けるでしょうから価格は絶対に安くは
なりません。委託を利用する人は出品者、購入者ともに
とにかく自分の利益を最大化したい人ですから
矛と盾状態で①の理由から売れるとは考えにくいわけです
②のケース
大規模展示場や大手販売業者があれだけ在庫を
抱えていてもAA持ち帰りは一定の比率でありますよね
そうすると委託販売で数台(集まっても20~30台だと
思います)並べておいて売れるとは考えにくいわけです。
売れるとしたら特殊な改造がほどこされた車ですが
そういった車が委託に出るとは考えにくいわけです。

僕が考える委託販売の構造はこういう考え方をして
いますが、もっと簡単な判断は数年前に委託のFC
ありましたよね。で、どうなってます?
ほぼほぼ撤退したじゃないですか。
これが最もわかりやすい答えだと思います。

中古車販売店の売り上げが飛躍的に伸びるメルマガ

このメルマガでは以下の事がわかります

  • お客さんが頼むから売って下さいと言わせる方法
  • 中古車販売店のネット集客方法
  • 会社を社員に任せて自動操縦する方法
  • 成約率を飛躍的に伸ばす○○シリーズという方法
  • 当社が世帯数シェア19%を確保した最強囲い込み手法

いますぐ下記よりお申し込み下さい!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

無料メルマガ配信中
中古車販売店の売上が飛躍的に伸びる門外不出のノウハウを公開中
中古車が売れなくて困っている経営者へ  中古車の在庫を30%減らし、売上を150%にする方法

カテゴリー