地域一番の中古車販売店を創造するブログ「ネット集客増強研究会」

ガソリンスタンドの中古車販売

2019.01.31

[`evernote` not found]
GREE にシェア

ガソリンスタンドの中古車販売う~ん。ガソリンスタンドの中古車販売ですか
ざっくり申し上げると最近、ガススタからの
加盟の方、かなり増えてますね

全ての加盟の方の状況を知っているわけではないですが
ガススタ系の方で長い方だともう初期に入会して
ずっと退会せずにいますから結構売れているんでしょうね
実際、電話で話した時は入会後かなり売れだした
とおっしゃってましたから

素人考えに思うのは
各スタンドが〇円〇円って看板出して
価格を競う状況というのはやはり
経営環境としては厳しいから油外収益に
なんとか活路を!ということなんでしょうね

で、今回頂いた質問の趣旨としてはガソリンスタンドの
経営として中古車販売はどうなんだ?
たぶんこういった意味だと思うんですね

あるいはうまく行くものなのか?
というような意味だと思います。

中古車販売店に勤務してノウハウを身につけて
独立する人とガススタで素人が車を
売ろうとするのとどっちがスタートが
有利かと言ったらそれは圧倒的に
ガススタの方が有利です。

もちろん最低限の教育は必要だと思いますよ。
僕みたいにガンメタやパールも知らなくて
車屋になったらかなり苦戦しますよ。
査定ガイドのTBというのを見てターボだと
わからずTBというグレードだと思って
いたくらいですからね(笑)

ガススタ専門の車販FCみたいなのも
あるみたいですけど、どうなんだろ?
本部は基本的に車売ったことない方たちでしょ?
現実的にクレームひとつ取ってもどういう
クレームは受け入れてどういうクレームは
受け入れたらまずい。とか、売り方とか
わかるのかなあ?

売ったらまずい車の具体例とか知らない
でしょうね。まともな中古車屋なら
絶対に手を出さない車とかあるんですよ

保証だってつければいいってものじゃ
ないですしね。そりゃその業界で生きていくと
言うことはどの業界だって外から見てたら
絶対にわからないことっていっぱいありますでしょ
僕は車屋なんでガススタ経営はできないのと
一緒ですよね

僕も車のこと知らないと言っても、現役で
5店舗中古車屋を経営していますしもう24期決算
組んで1期目以外は黒字決算を組んできたんで
車自分で売ったことない方よりは多少は
わかっていると思いますよ。

車屋に限らずどの業界もそうですけど
コンサルタントという方たちは自分では
経営しないけどやり方は教えることができます
ってことでしょ。そんなこと本当に出来るのかなあ?

ハード面の拡充はできるでしょうけどソフト面の
教育は車売ったことないとわからないと思うんですよ

ハード面と言っても中古車屋の場合、絶対に必要なのは
オートオークション加盟は必要でしょうけど
古物免許があれば基本、誰でも入会できますからね
日本最大のオートオークションであるUSSあたりで
現車会場の会員なら月額会費も必要ないしネット落札の
月額会費は12000円程度ですし、入会金だって5万円ですから
このハード面をクリアできないスタンド経営者は
いないでしょうしね

ガススタ専門のFCがオークション利用料として
いくらくらい徴収されるのかわからないですけど
費用的にはAA利用料というのはこの程度ですよ

基本入会にあたっては紹介は必要ですけど
あれなら僕が紹介状書いてもいいくらいですよ

ですから車売るのに重要なのはハード面じゃなくて
ソフト面なんですよね

ガススタ経営者の方はたぶん気がついていないと
思いますけどガススタには車販をするための
莫大な資産が眠っているんですね

その資産が何か気がついてその資産の活かし方に
気がつけば後は社員の教育をすれば車販って
ガススタの場合、それほど難しくはないと
思いますよ。

というか異業種参入の中では最も有利な
位置にいますよね。まあ気がつけば、という
話ですけどね

中古車販売店の売り上げが飛躍的に伸びるメルマガ

このメルマガでは以下の事がわかります

  • お客さんが頼むから売って下さいと言わせる方法
  • 中古車販売店のネット集客方法
  • 会社を社員に任せて自動操縦する方法
  • 成約率を飛躍的に伸ばす○○シリーズという方法
  • 当社が世帯数シェア19%を確保した最強囲い込み手法

いますぐ下記よりお申し込み下さい!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

無料メルマガ配信中
中古車販売店の売上が飛躍的に伸びる門外不出のノウハウを公開中
中古車が売れなくて困っている経営者へ  中古車の在庫を30%減らし、売上を150%にする方法

カテゴリー