地域一番の中古車販売店を創造するブログ「ネット集客増強研究会」

倒産する車屋と儲かる車屋の違い

2019.12.20

[`evernote` not found]
GREE にシェア

倒産する車屋と儲かる車屋の違い車屋、倒産とか車屋、廃業みたいな
キーワードでブログに入ってくる人
多いんで、
倒産する車屋と儲かる車屋の違いに
ついて僕の考え方、ちょっと書きますね

このキーワードで真っ先に思い出すのが
僕のおじさんの実話なんですよ

おじさんの実話って言ってもおじさんは
車屋じゃなくてバイク屋なんですけどね

もう20年くらい前かなあ。僕が車屋始めて
そこそこ売れ出した頃、おじさんは
街のバイク屋やってたんですよ

街のバイク屋っていうのは原付から大型まで
なんでも売るお店ですね。若い方知らないと
思いますけど、なんで知らないかというと
そういったお店、ほぼ全て廃業したんですよ。

で、当時はまだ原付の実需(趣味以外の需要)
が結構あったんで原付はそこそこ売れて
大型や中型もパラパラっとは売れていたんですね
だけど原付なんて売っても利益なんかわずか
商売にならないわけですよ。大型や中型は
たま~に売れる程度

おじさん悩んでいて3日に一度くらい僕の店
来てやり方とか見にきていました

で、その時におじさんの店、大型の中では
ハーレーがパラパラ売れていたんですね
おじさん、ハーレーの店どうかな?って
相談に来たんですよ。

その時に僕が言ったのは
「ハーレーの店に転換して継続して売れるかどうかは
わからない。だけど今のまま同じことやっていたら
廃業になるのはまず間違いない。だったら変化が
全てじゃない?」っていうのが僕の答えだったんですね

おじさん、転換するのは怖かったと思いますよ
だけど今、成功していますよ。ハーレーの店として
大成功と言っていいんじゃないですか。

変化しなかったバイク屋はほぼ全て廃業したわけですから。

つまり、僕が言いたいのは変化するリスクより変化しないリスクの
方が大きな時代だと言うことなんですよ

会計も大事だし、人事も大事、コンプライアンスも大事ですよ
だけど会社がなくなったら会計も人事もコンプラも必要なくなって
しまうんですよ。そもそもやる必要がなくなるわけですよ

変化できない経営者って生き残るのは難しいと思いますよ
同じことをやっていて違う結果を求めるのは狂人だけですよ。

なんでもいいから何か違うことをやる覚悟がなければ
経営者としては難しい時代だと思いますよ。

指標は5年ですよ。5年前と比べて何か新しいことを
始めているかどうか?そしてそれは会計とか守りじゃなくて
それで新しい利益に繋がる事始めた?

経費の節約なんて誰でもできることなんですよ
目の前にあるものを節約するわけですから
だけど稼ぐことは創造することですから
難しいんですよ。目の前にはないですから

あ、ちなみに集研の管理会社は創造サポートっていう
社名なんですけどそういう事なんですよ
創造をサポートするわけですよ。そのまんまですけどね。ww

中古車販売店の売り上げが飛躍的に伸びるメルマガ

このメルマガでは以下の事がわかります

  • お客さんが頼むから売って下さいと言わせる方法
  • 中古車販売店のネット集客方法
  • 会社を社員に任せて自動操縦する方法
  • 成約率を飛躍的に伸ばす○○シリーズという方法
  • 当社が世帯数シェア19%を確保した最強囲い込み手法

いますぐ下記よりお申し込み下さい!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

無料メルマガ配信中
中古車販売店の売上が飛躍的に伸びる門外不出のノウハウを公開中
中古車が売れなくて困っている経営者へ  中古車の在庫を30%減らし、売上を150%にする方法

カテゴリー