地域一番の中古車販売店を創造するブログ「ネット集客増強研究会」

新年企画 2020年の中古車販売業界

2020.01.06

[`evernote` not found]
GREE にシェア

新年企画 2020年の中古車販売業界はい、一応お決まりなので
新年あけましておめでとうございます
と書いておきます。

さて新年なのでなんとなくですが
それらしい記事にしておきます。

2020年の中古車販売業界の動向ですね。
と言っても今年は去年からの連続なので
年が変わったら急激に何かが劇的に
変わるわけではありません。

ただはっきり言えることがあります。
昨年より今年は中小零細中古車販売店に
大きなチャンスがあります。

そして来年はもっとチャンス
5年後、10年後はもっともっとチャンスが
あります。

僕がそう考える理由を説明しますね。

既に何回も書いているんであえて書くのも
気が引けますが日本は今、本格的な人口減少時代に
入っています。

人口減少ということは経済活動に取って
最大の障害となります。全業種、全業態に
渡ってパイは縮小します。

当然、中古車市場もマーケットは縮小します。
どんどん縮小します。確定未来です。
もう確定しているわけですよ。

で人口減少と言っていますが。人口減少社会では、若者の比率がどんどん減少して、
企業の管理職や政治家、行政をつかさどる官僚や役人も、すべてが年寄り中心の
社会になっていくわけです。

チャレンジよりも安定志向が強く、現在の生活レベルを脅かすことには
極端に臆病になります。

役所や病院、銀行、保険会社などなど、何らかの手続きや契約に
行くと山のような書類ですよ。。
それらの書類の山は、ほとんどが相手の企業や役所の担当者の
「責任回避」のためのものですよね。
イベントやテレビCMも数人のクレーマーによる抗議の電話だけで、
イベントを中止し、放映を自粛してしまう。
人口減少社会では、そうした傾向がさらに強まるわけですよ

僕の知る限りそういった体制になっていない銀行は
楽天銀行くらいのものです。
どうすれば自分たちが責任を取らずに済むのか
社会全体の高齢化とともに、責任回避のマインドがはびこるわけです。
こうなってくると意思決定が今でも遅い大企業はもっと意思決定が
遅れて、コストばかりかかることになります。
企業は変化するリスクと変化しないリスクを比較すると変化しない
リスクの方がおおきくなっていますから、大企業、変化を好まない
企業はどんどん競争力を失っていきます。

で、普通の人は変化することは好きではないですから
比較的若い経営者でもリスクを取ることは避ける
責任回避に走る。こういった傾向はますます強くなります。
というかこういった姿勢がまるで当然のごとく
これが経営者の条件であるかのごとくリスクを避け
責任回避をして、さもそれが正しいことのような
後付けの講釈を持ち出して〇〇会というような
仲良しクラブで経営ごっこをすることがやり手経営者の
ような風潮が強まるわけです。
特に2代目、3代目の経営者はその傾向が強いですね

いや、いい時代ですよ。本当にいい時代になったと
思います。こちら側はさほど努力せずとも
多少のリスクを取ることと、責任回避に走らなければ
同業他社は勝手に体力を落としてくれるわけですから
いい時代です。

楽天の三木谷さんは経団連を「やっちゃいられねえよ」と
脱退しましたが問題児扱いされていますよね
だけどその経団連の歴代会長の出身企業はリスクを避け
責任回避をし、中には粉飾まがいのことまでやってる
企業だってあるじゃないですか。
どっちが本当の意味で顧客の役に立っているんでしょう?

今、僕たちはお客さんの要望に応えれることであれば
リスクを取り、責任を取れば自然と伸びていくことが
出来る時代です。本当に素晴らしい時代だと思います。

〇〇会みたいな仲良しクラブで経営ごっこをすることから
抜け出して頭に汗をかいて顧客視点に立ちかえれば
さほど難しいことをしなくても自然と伸びていく
時代です。いい時代です。

さあやりましょう。変化を恐れずやりましょう。

新年のご挨拶にかえて年頭の言葉とさせていただきます。

中古車販売店の売り上げが飛躍的に伸びるメルマガ

このメルマガでは以下の事がわかります

  • お客さんが頼むから売って下さいと言わせる方法
  • 中古車販売店のネット集客方法
  • 会社を社員に任せて自動操縦する方法
  • 成約率を飛躍的に伸ばす○○シリーズという方法
  • 当社が世帯数シェア19%を確保した最強囲い込み手法

いますぐ下記よりお申し込み下さい!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

無料メルマガ配信中
中古車販売店の売上が飛躍的に伸びる門外不出のノウハウを公開中
中古車が売れなくて困っている経営者へ  中古車の在庫を30%減らし、売上を150%にする方法

カテゴリー