地域一番の中古車販売店を創造するブログ「ネット集客増強研究会」

中古車販売 クラウンとレクサスどっちを売るべきか?

2013.05.07

[`evernote` not found]
GREE にシェア

中古車販売 クラウンとレクサスどっちを売るべきか?こんにちは
中古車販売店の売上アップの組織
集客増強研究会を主宰する大平です。

連休も終わりましたね。
リフレッシュ出来ましたか?
僕は趣味のカヌーツーリングに行ってました。
さあ今日から再び日常の始まりです。
はりきっていきましょう。

さて今日のタイトル、クラウンとレクサスどっちを売るべきか?
ちょっと意味から説明しますね。

現在、厳しくなっている中古車販売店経営
そういった中でひとつの選択肢として
専門店化するという選択肢もあります。

さてここで悩みが生まれます。どっちをやったら
いいだろう?どっちが売れるだろう?
こんな悩みが生まれます。

もっと言えばクラウンでもアスリートなのか?
ロイサルなのか?どっちにウェイト掛ければいいだろう?

実はこの記事を書くきっかけになったのは先日
会員さんから相談を受けたんですね。

その会員さんの場合、ある2種類の車の専門店なんですね。
順調だったのですが4月、ガクンと車の売り上げが落ちたわけです。
だれでも不安になりますよね。

選択を間違っていたのではないか?
もうこの車種は人気がなくなったのではないか?
不安になります。すごーく気持ちはわかります。

さてそこでその車屋さんが営業する営業エリア内の
その車に対する需要の調べ方、お伝えしたわけです。

もうそれだけで実はネットからなら月販何台売れるか?
だいたい予測がついてしまうんです。
もっと言えば参入前にわかってしまうんですよ。

ネットではなく店舗に来店する数は別のやり方で
調べるんですけどね。

実はこういったかなり精度の高いデータ、一昔前なら
調査会社に頼んだら数百万とかとられていたデータが
今は全部、無料で使えるんですね。しかも時間にしたら
5分あれば充分です。

これって知っているか?知らないか?だけの違いなんです。
知識を持った人は事前にリスクを回避し、成功確率を上げることが
出来るんです。

知識がないと勘に頼りますから極めて危険なんですね。
勘というのはあくまでも勘ですから経営とは呼びにくい
と僕は考えています。

さらにこの会員さんの場合、選択した車種が今後も
伸びていくのか?その方向ともし車種を入れ替えると
したらこの指標の中で何台という売り上げ数字が出て
きたらトレンド転換なので車種を入れ替える必要が
ありますよ。でもそれまで大丈夫。という話を具体例を
入れながら電話相談したんですね。

さらに4月の落ち込みは一時的なものと判断したらいいのか?
それともその車種の流れが変わったと判断したらいいのか?

その判断方法も実際のグラフをパソコンの画面を共有しながら
やったわけです。

これなんかも一昔前ならとんでもないお金が必要だったデータ
が今は無料で使えるわけです。
ただ知っているか?知っていないか?だけの違いなんですね。

その会員さんもへぇ、こんなものがあるんですね。
すごいですよね。って驚いていましたがあるんですね。

相談開始時にはかなり不安そうでしたがきちんとこういった
データを見ながら判断すれば間違えることは少ないので
相談が終わるころには自信を取り戻したようでした。

今の時代はこのわずかな知識があるか?ないか?が会社の
命運を決めてしまうのですから怖いですよね。

お知らせ
日刊自動車新聞にて毎週水曜日、中古車販売店のマーケティング入門講座を
連載しています。 今http://www.netdenjd.com/top/?tryi より日刊自動車新聞
WEB版を申し込むと
【中古車販売店向けネット集客のやり方】
A4版 11ページが無料で手に入ります。お申し込みは今すぐ
http://www.netdenjd.com/top/?tryi

中古車販売店の売り上げが飛躍的に伸びるメルマガ

このメルマガでは以下の事がわかります

  • お客さんが頼むから売って下さいと言わせる方法
  • 中古車販売店のネット集客方法
  • 会社を社員に任せて自動操縦する方法
  • 成約率を飛躍的に伸ばす○○シリーズという方法
  • 当社が世帯数シェア19%を確保した最強囲い込み手法

いますぐ下記よりお申し込み下さい!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

無料メルマガ配信中
中古車販売店の売上が飛躍的に伸びる門外不出のノウハウを公開中
中古車が売れなくて困っている経営者へ  中古車の在庫を30%減らし、売上を150%にする方法

カテゴリー