地域一番の中古車販売店を創造するブログ「ネット集客増強研究会」

中古車販売のマーケティングのやり方

2013.05.20

[`evernote` not found]
GREE にシェア

中古車販売のマーケティングのやり方こんにちは、
中古車販売店の売り上げアップの組織
集客増強研究会の大平です。

今日は少し中古車販売のマーケティングについて書きますが
テクニック論ではなくて本質論について書きますね。

中古車販売のマーケティングにおいて
最も重要な要素ってなんだと思います?

キャッチコピー?
広告の作り込み?
ネットの学習?

その他諸々の方法、色々頭の中をなんだろう?って
考えが駆け巡ると思います。

僕が思う中古車販売のマーケティングにおいて
最も重要な事は次の言葉だと思います。

【札束に火をつけて燃やす覚悟】
アメリカの有名なマーケッター
ジェイ、エイブラハムの言葉ですね。
そのとおりだと思います。

つまりマーケティング活動というのは
全ては次の行動に集約されるんですね。

仮説、実験、検証、改善、
再度の仮説、これを繰り返すわけですね。

つまり絶対に必要なのはテストマーケティングなんです。

そして出来る限り早く
【致命的にならない程度の小さい失敗を数多く繰り返す】
これに尽きるわけです。

しかしながらテストマーケティングも無料で出来るわけでは
ないんですね。最近は無料のツールもありますけどね。

それでも毎月最低でも数十万のテストのための
広告投資などは絶対に必要になってくるわけですよ。

まあここまではちょっとマーケティングの本を読めば
よく書いてあることです。

もうちょっと本質論を掘り下げてみましょうか?
それは恐ろしいことに仮説を立てて実験しようとしたときに
ある程度のマーケティングの知識がないと実験そのものが
意味をなさないということなんです。

つまりこの実験方法は恐らく80%程度は合っているはずだ。
と自分が言い切れる自信があるやり方でなければ
仮説が正しくても実験が間違っていると検証した数字が
意味を持たないということなんです。

これって怖いですよ。札束に火をつけて燃やしながら
一方ではそれが正しいかどうかすらわからない。
怖いですよ。

例えばネット広告の反応率の適正数値がわからない。
例えば折込チラシの反応率の適正値がわからない。

こういった状態でテストをしても検証が出来ないから
恐ろしいんですね。

さてちょっとここから売り込み臭い文章になりますが
ご勘弁してくださいね。

でも大丈夫なんです。僕が過去、本当に札束に火をつけて
燃やしながら実験してきた内容を集客増強研究会では
一切の出し惜しみもなく公開しています。

先日なんかは弊社の決算書まで公開しました。
なぜなら嘘偽りがないことを証明したかったからなんです。

こういった組織にありがちなのが本業では利益が上がらないから
このような組織を作ってその利益に依存しているケースです。
コンサルティング会社に多いですね。

一切の出し惜しみはしていません。
札束を燃やしたくない方は今週告知となる集研の説明セミナー
3000円のセミナーに出ることをお勧めしますね。

3ヶ月もお待たせしまして申し訳ありません。
いよいよ今週、告知します。
メルマガを絶対に見逃さないでくださいね。
たぶん一瞬で埋まる可能性が高いです。定員に
達した場合は先着順となります。

お知らせ
日刊自動車新聞にて毎週水曜日、中古車販売店のマーケティング入門講座を
連載しています。 今http://www.netdenjd.com/top/?tryi より日刊自動車新聞
WEB版を申し込むと
【中古車販売店向けネット集客のやり方】
A4版 11ページが無料で手に入ります。お申し込みは今すぐ
http://www.netdenjd.com/top/?tryi

中古車販売店の売り上げが飛躍的に伸びるメルマガ

このメルマガでは以下の事がわかります

  • お客さんが頼むから売って下さいと言わせる方法
  • 中古車販売店のネット集客方法
  • 会社を社員に任せて自動操縦する方法
  • 成約率を飛躍的に伸ばす○○シリーズという方法
  • 当社が世帯数シェア19%を確保した最強囲い込み手法

いますぐ下記よりお申し込み下さい!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

無料メルマガ配信中
中古車販売店の売上が飛躍的に伸びる門外不出のノウハウを公開中
中古車が売れなくて困っている経営者へ  中古車の在庫を30%減らし、売上を150%にする方法

カテゴリー