地域一番の中古車販売店を創造するブログ「ネット集客増強研究会」

中古車販売店の営業

2013.05.23

[`evernote` not found]
GREE にシェア

中古車販売店の営業こんにちは、
中古車販売店の売り上げアップの組織
集客増強研究会の大平です。

まずお知らせです
6月12日セミナー 満席です。余裕は0です。
お申し込みは受け付けていません。
6月20日セミナー 満席ですがどうしても
参加したい方は詰めれば1席なら確保できるかも
しれません。どうしてもという場合、
メルマガ記載のURLから早めに申し込んでください。

今朝、朝ごはんのとき、妻と娘に
お父さん、今日出張で泊まりだからね。
と言ったら妻、娘、ともにとっても嬉しそうな
顔をされて少しバッドな気分で出社しました。

さて中古車販売店の営業。このテーマ
比較的質問が多いテーマです。

質問の趣旨はもっと営業力をつけさせるには?
とか もっと中古車を売れるようにするには?
という様な質問が多いですね。

この中古車販売の営業ということに関しては
僕は次のように考えています。

中古車販売店の営業マン個人の力量うんぬんより
中古車販売店の営業マンが営業力を発揮できるような
仕組みを先に作るべきではないのか?と
考えています。

どういうことかというと例えば弊社の場合は
来店されたお客さんの住所や名前や連絡先が
わからないということは100%ありません。

そもそも展示場での立ち話はありえないので
必ずお客さんデータは集まります。
そういう仕組みが出来上がっているわけですね。

しかしながら一般の中古車屋さんて
結構、展示場で立ち話の商談が多いのでは
ないでしょうか?

これに関しては弊社は立ち話はないので
他社さまがどうなのか?は正直よくわからないのです。

ただ立ち話が多いとすると中古車を目の前にして
買うか?買わないか?という判断を迫ることに
なりやすく、そこでお客さんが帰ってしまえば
もう中古車販売店の営業マンが活躍しようにも
どこの誰だかわからないから活躍できないと
いうことではないでしょうか?

どこの誰だかわからなければ追い客することも
出来ないわけですから中古車販売店の営業マンとしては
営業力を発揮しようにも出来ないというのが
現実なのでは?と思います。

一発勝負で買う?買わない?という選択であれば
営業力より来店したお客さんの感度に依存するケースが
多いわけで中古車販売店の営業マンがそこまで
力、発揮する前に勝負がついてしまうのではないでしょうか?

このあたり皆様がどういうやり方をしているかにも
よりますが一般論としてはやはりお客さんのデータが
きちんと落ちる仕組み化を先にやるべきではないでしょうか?
集研に入会した場合、真っ先にこのためのツールを渡すのも
極めて重要だと考えているからです。

日刊自動車新聞にて毎週水曜日、中古車販売店のマーケティング入門講座を
連載しています。 今http://www.netdenjd.com/top/?tryi より日刊自動車新聞
WEB版を申し込むと
【中古車販売店向けネット集客のやり方】
A4版 11ページが無料で手に入ります。お申し込みは今すぐ

http://www.netdenjd.com/top/?tryi

中古車販売店の売り上げが飛躍的に伸びるメルマガ

このメルマガでは以下の事がわかります

  • お客さんが頼むから売って下さいと言わせる方法
  • 中古車販売店のネット集客方法
  • 会社を社員に任せて自動操縦する方法
  • 成約率を飛躍的に伸ばす○○シリーズという方法
  • 当社が世帯数シェア19%を確保した最強囲い込み手法

いますぐ下記よりお申し込み下さい!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

無料メルマガ配信中
中古車販売店の売上が飛躍的に伸びる門外不出のノウハウを公開中
中古車が売れなくて困っている経営者へ  中古車の在庫を30%減らし、売上を150%にする方法

カテゴリー