地域一番の中古車販売店を創造するブログ「ネット集客増強研究会」

中古車販売 キャッチコピーの力の凄さ

2013.06.05

[`evernote` not found]
GREE にシェア

中古車販売 キャッチコピーの力の凄さこんにちは、
中古車販売店の売り上げアップの組織
集客増強研究会の大平です。

このブログがアップされるころはちょうど
ユーズドカー社の取材を受けているころです。
そのため、少し早めに書いてタイマー設定で
アップしています。

今日は中古車販売のキャッチコピーという
テーマです。この記事を読まれると大平という
奴はなんてひねくれた奴なんだ。と思われるかもしれません。(笑)

僕の地元の車屋さんでテレビで結構、派手に宣伝
しているところがあるんですね。
その会社、僕もよく知っていて売ってる商品も
いい商品だし、経営者も素晴らしい人なんですね。

ただし、テレビコマーシャルのキャッチは
地球に優しい車屋【若干異なるかもですが大体こんなイメージ】

さてひねくれた僕はこういうのを見たり聞いたりすると
次のように考えちゃいます。

ほお!地球に優しい車屋、上等だがや。何がどう優しいのか
教えてくれ、その証拠を見せてくれ。

さらにほお!じゃあなにか?お客さんがそれを見て
そうか!あそこは地球に優しい店だから地球に優しい
あのお店に行こう!ってなるわけ?
って思っちゃうんですね。(笑)嫌な奴でしょ。

ちょっと極端な事例で話をしましたが似たようなことって
いっぱいあるんです。

例えば僕の大嫌いな【激安】という言葉です。

激安?証拠をみせてくれよって思います。
そもそもお客さんに激安と宣伝した時にお客さんは
そうか?あそこは激安なのか!じゃあ激安のあそこに
行って買おう。ってなると思っているのか?センスを疑います。

かなり厳しいことを言いますが事実です。
激安というからには激安である証拠を見せる必要があるんです。
そうでないと今のお客さんは誰も信じてくれません。
そのためには証拠を集めるための必死の努力が必要なんです。

売り○○おトクというキャッチがあります。
だけど現在のお客さんは言葉で言っただけでは
誰も信用していないんです。ただ言っているだけと
思っているんです。

高価買取というのがあります。弊社も買取店も持って
いますが絶対に高価買取とは言いません。
なぜなら言った瞬間に差別化できなくなるからです。
全く異なるもっと説得力のあるキャッチを使っています。

そりゃあなたが金持ちのおぼっちゃまで2代目か
何かで会社も出来上がっていて基盤もあって
ゴルフをしていても金が入ってくるのなら
地球に優しい車屋でもいいかもしれません。

でも僕たち集客増強研究会という組織はほとんどの
会員が中小零細で創業者でのんきなことは言って
いられない人の集まりです。

僕が会員にいつも言うのはゲリラ線を仕掛けろ!と言います。
僕たちは真剣です。真剣に学び真剣に戦います。
学ぶことに真剣な熱い集団です。そしてゲリラ戦も
いといません。それが革新を生み本当に御客さんに喜ばれる店と
なるのです。変化こそが全てだと思っています。

昔、弊社が創業したてのころ、わざとザラザラの
わら半紙にどぎつい赤黒で印刷したチラシを作り
ゲリラ戦を展開していました。
(さすがに最近は少しお上品になりました。笑)

う~ん。今日は書いているうちに創業のころの
諸々、数々受けた嫌がらせや妬み、あれを思い出して
つい熱く語ってしまいました。

日刊自動車新聞にて毎週水曜日、中古車販売店のマーケティング入門講座を
連載しています。 今http://www.netdenjd.com/top/?tryi より日刊自動車新聞
WEB版を申し込むと
【中古車販売店向けネット集客のやり方】
A4版 11ページが無料で手に入ります。お申し込みは今すぐ

http://www.netdenjd.com/top/?tryi

中古車販売店の売り上げが飛躍的に伸びるメルマガ

このメルマガでは以下の事がわかります

  • お客さんが頼むから売って下さいと言わせる方法
  • 中古車販売店のネット集客方法
  • 会社を社員に任せて自動操縦する方法
  • 成約率を飛躍的に伸ばす○○シリーズという方法
  • 当社が世帯数シェア19%を確保した最強囲い込み手法

いますぐ下記よりお申し込み下さい!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

無料メルマガ配信中
中古車販売店の売上が飛躍的に伸びる門外不出のノウハウを公開中
中古車が売れなくて困っている経営者へ  中古車の在庫を30%減らし、売上を150%にする方法

カテゴリー