地域一番の中古車販売店を創造するブログ「ネット集客増強研究会」

中古車販売店、社長と社員のギャップ

2013.06.19

[`evernote` not found]
GREE にシェア

中古車販売店、社長と社員のギャップこんにちは、
中古車販売店の売り上げアップの組織
集客増強研究会の大平です。

先週は六本木で集研とはどんな組織なのか?
ベーシックセミナーをやってました。
今週も明日20日にやる予定です。

さてそのセミナーは3時間ほど行うのですが
セミナーの中で社員の問題に関する部分
わずかですが触れるんですね。

その時、みなさん目が変わりますね。
やはり社員さんの問題では相当、悩んでいるようです。

大体の悩みは
なんで同じミス何回もするの?
何回同じこと言わせるの?
少しは自分で考えて動けよ

まあだいたいはこんな所ではないでしょうか?

これに対して社長は
もっと緊張感を持って仕事しろ!って言うんですが
社長の危機感はなかなか伝わらないんですね。

結果として社長は
うちの社員はわかってくれない。となるわけです。
僕も一緒です。

それで僕が考えたのは属人性の排除だったんです。
つまり特定の人物の特定の能力に会社として依存しない。

例えば営業がすごくうまい人と下手な人がいますよね。
これ上手い人に依存すると辞められたとき、困るわけです。

だからトップセールスは作らないというのが僕の
方針だったんですね。
そのためには仕組みにしなければならないというのが
そもそもの原点だったわけです。

仕組みに変えてからはかなり属人性は薄くなったのは
事実です。完璧とは言えないかもしれませんが
ある程度の数字までは誰でもが売ることが可能な
仕組みとなりました。

というか会社として総合力はかなり上がったと思います。
ただ性分なんでしょうね。ひとつ解決してももっと
うまくできないか?と動き出してしまうんですね。

それでなぜだろうか?考えて考えてたどり着いた答えが
【社長と社員では会社の経営状態に関する情報量が
圧倒的に違う】ということに気がついたんです。

つまりこの情報量の差が社長と社員のギャップを生んで
しまうのではないかと考えています。

それが結果としてウチの社員はわかってくれない
ということになっているケースが極めて多いわけです。

これ書き出すととても大量な文章になってしまうので
今日はこれくらいにしてまた続き書きますね。
明日のセミナーの準備があるので今日はここまでにします。

こういう事って自分で実際に中古車屋を経営してみないと
わからないことなんです。

日刊自動車新聞にて毎週水曜日、中古車販売店のマーケティング入門講座を
連載しています。 今http://www.netdenjd.com/top/?tryi より日刊自動車新聞
WEB版を申し込むと
【中古車販売店向けネット集客のやり方】
A4版 11ページが無料で手に入ります。お申し込みは今すぐ

http://www.netdenjd.com/top/?tryi

中古車販売店の売り上げが飛躍的に伸びるメルマガ

このメルマガでは以下の事がわかります

  • お客さんが頼むから売って下さいと言わせる方法
  • 中古車販売店のネット集客方法
  • 会社を社員に任せて自動操縦する方法
  • 成約率を飛躍的に伸ばす○○シリーズという方法
  • 当社が世帯数シェア19%を確保した最強囲い込み手法

いますぐ下記よりお申し込み下さい!

関連記事

コメント

  1. あなたの内容がとてもよかった。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

無料メルマガ配信中
中古車販売店の売上が飛躍的に伸びる門外不出のノウハウを公開中
中古車が売れなくて困っている経営者へ  中古車の在庫を30%減らし、売上を150%にする方法

カテゴリー