地域一番の中古車販売店を創造するブログ「ネット集客増強研究会」

中古車販売店の採用

2014.04.16

[`evernote` not found]
GREE にシェア

中古車販売店の採用こんにちは、
中古車販売店の売り上げアップの組織
集客増強研究会の大平です。

えーとですね。前回の記事では社員教育に関して
書きまして、結論として
採用の失敗は教育では取り戻せない。というのが
僕の考え方。というところで終わりました。

で、今回は最も大事な採用に関して書きます。
ただあくまでも僕の考え方だと思って下さい。

でも弊社の社員がほとんど退職しないことや
店の雰囲気など見ていると、さほど間違った考え方では
ないと思ってます。

みなさんも社員採用、されたことあると思います。
もちろん僕もたくさんの採用をやり、また経営者仲間から
よく採用に関して聞かれることがあります。

ここ結構、キモなんですよ。経営者仲間から採用に関して
聞かれるって所、キモなんですね。

経営者仲間が僕に採用に関して聞いてくるとき
次のような聞き方をしてくる事がおおいんですね。

どこかにいい人、いない?」こういう質問多いですね。
で、僕はいつもなんて答えるかって言うと
あなたにとっていい人ってどういう人?って聞くんですね。

別に意地悪しているわけじゃないんですよ。
いい人という漠然とした人物像からは採用って無理なんです。

例えば欲しい人がメカニックなのか営業なのか事務職なのか?
それによってもいい人の基準って変わってくるじゃないですか。

メカならあまり笑わない人でも問題ないし、営業なら笑顔が
ない人では困るわけだし、それぞれに要求される基準が
変わってくるわけですよね。

このいい人の定義、これを経営者が持たない事には採用って
失敗する可能性が高いわけですね。

ただ問題はここからなんですね。
いい人を定義するって結構難しいんですね。
例えば笑顔がいい人」なんて定義、極めて
主観的じゃないですか。人によってはニヤニヤ笑いで
すけべそうに見えるなんていう場合もありますからね。

だからいい人の定義を作るのではなく、必要でない人の
定義を作るんですね。いらない人の定義
例えば遅刻する人とかいらないわけじゃないですか。

こういういらない人の定義は作りやすいんですよ。

これを求人広告なんかに落とし込んで募集するんですね。
ハローワークの場合は表現に制限があって使えない場合が
結構あるようですけど、僕はハローワークで募集って
ほとんどやったことないんです。

なぜなら昔、何回か求人出して面接しましたけど
欲しい人物像に出会ったことないのでハローワークは
使いません。

こうやって面接するとかなり欲しい人物像に近い人が
集まりますよ。

ただ一発で面接で集まった人を見抜くのは難しいので
このあと、面接段階である方法をさらに使ってます。
これやると採用の失敗はかなり減らすことは可能になって
来るんですね。

ここから前回の記事にあったような教育に入るわけですね。

採用の失敗は教育では取り戻せない」これが僕の持論ですが
上の方法を採ることで採用リスクはかなり減らすことは可能です。

中古車業界専門誌ユーストカーで連載スタートしました。
ユーストカーのお申し込みはこちらから www.u-car.co.jp

日刊自動車新聞にて毎週水曜日、中古車販売店のマーケティング入門講座を連載しています。 今、日刊自動車新聞WEB版を申し込むと

【中古車販売店向けネット集客のやり方】
A4版 11ページが無料で手に入ります。お申し込みは今すぐ

http://www.netdenjd.com/

中古車販売店の売り上げが飛躍的に伸びるメルマガ

このメルマガでは以下の事がわかります

  • お客さんが頼むから売って下さいと言わせる方法
  • 中古車販売店のネット集客方法
  • 会社を社員に任せて自動操縦する方法
  • 成約率を飛躍的に伸ばす○○シリーズという方法
  • 当社が世帯数シェア19%を確保した最強囲い込み手法

いますぐ下記よりお申し込み下さい!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

無料メルマガ配信中
中古車販売店の売上が飛躍的に伸びる門外不出のノウハウを公開中
中古車が売れなくて困っている経営者へ  中古車の在庫を30%減らし、売上を150%にする方法

カテゴリー