地域一番の中古車販売店を創造するブログ「ネット集客増強研究会」

車の買取店の本質

2016.04.02

[`evernote` not found]
GREE にシェア

車の買取店の本質こんにちわ
中古車販売店の売り上げアップの組織
集客増強研究会の大平です。

えーとですね。先日ちょっと面白い質問
頂きまして、車の買取の本質がどこにあるか?
いい質問だったのでシェアしますね。

質問頂いた方は買取専門店をやっているわけでは
なくて、ちょくちょくお客さんから買取の依頼を
受けるようなんですね。

で、当然ですけどお客さんは色々調べてくるわけで
どうしても値段が高くなってしまうという事なんですね。

それで質問された方は結局、オークション値に近く
なってしまうので買い取った車は小売りで捌かないと
難しいものでしょうか?
まあ、一言でまとめるとこんな質問ですね。

で、この質問に対する僕の考え方ですけど
僕はオークション値に近いんであれば買わなければ
いいんじゃないですか?っていうのが僕の考え方
なんですね。

だってそうじゃないですか?
どうしてもその車が欲しければオークションに行けば
いっくらでもあるわけですから、何も買取だからって
オークション値まで出して買う必要はないわけですよね

買取っていうのはあくまでもオークションに車を
持ちこんで利益が出ることが前提になるわけじゃないですか。
まあ当たり前と言えば当たり前の話なんですね。

で、僕がこの話題を取り上げたのにはそれなりに
理由があるんです。

このケースがいい事例ですけどこの事例
結局、買う事そのものが目的になっているわけですよ。
だけど商売って売ることそのものや買うことそのものを
目的にすると間違えやすいんですね。

売る、或いは買うという商行為を通して利益を上げる
事が目的であり、売る、或いは買うことそのものが
目的ではないんですね。

まあ当たり前と言えばあまりに当たり前の話なんですけど
この目標と目的という部分をきちんと整理して把握して
おかないと何のための商売?ということになりかねないわけです。

で、さらに言うときちんと納得性の高い方法で買って頂き
きちんと正当な利益を上げるということなんですね。

これが利益至上主義に走ると利益が上がっても納得性のある
商売からかけ離れるわけなんですが、この業界
結構そういう商法されている方多いわけで、逆に言うと
そういった商法が増えれば増えるほど整合性の高い
納得性の高い商売をやっているお店っていうのは
有利になってくるんです。

結局これも目標と目的、そして企業の存在意義という
点なんですね。

実はきちんと正直に真面目にやった方が楽なんですよ。

中古車販売店の売り上げが飛躍的に伸びるメルマガ

このメルマガでは以下の事がわかります

  • お客さんが頼むから売って下さいと言わせる方法
  • 中古車販売店のネット集客方法
  • 会社を社員に任せて自動操縦する方法
  • 成約率を飛躍的に伸ばす○○シリーズという方法
  • 当社が世帯数シェア19%を確保した最強囲い込み手法

いますぐ下記よりお申し込み下さい!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

無料メルマガ配信中
中古車販売店の売上が飛躍的に伸びる門外不出のノウハウを公開中
中古車が売れなくて困っている経営者へ  中古車の在庫を30%減らし、売上を150%にする方法

カテゴリー