地域一番の中古車販売店を創造するブログ「ネット集客増強研究会」

中古車販売で生き残る方法

2018.07.20

[`evernote` not found]
GREE にシェア

中古車販売で生き残る方法ちょっと重いテーマだなあ
生き残る方法、嫌な言い方だから
儲ける方法と言い換えましょうか。

生き残るなんて言うと中古車販売が
業界全体が構造不況になっているような
イメージですからね

まあ実際のところは経済は人口動態で全てが
決まりますから既に30年40年以上前から
ある商売はその全てにおいて構造的に
苦しくなるのは間違いないですけどね

メルカリみたいな全く新しくビジネスモデルと
マーケットを作り出さない限りは既存の今までの
ビジネスモデルだと厳しいのは事実です。

今更ですけどあえて説明すると日本の総人口は
あと30年で20%減少しますよね
これピンと来ないかもしれないですけど
東京でいうと30年後には世田谷区全体と
八王子と町田、この3つから人が全く
いなくなるということなんですよ
大変なことなんですよ。

余談ですけどこれがわかっていれば
〇〇と〇〇は絶対に投資してはいけないのは
自明の理じゃないですか。
今でも投資する人がいますけど信じられないですよ

で話を戻して中古車販売ですけどこの人口減少から
考えるともうビジネスモデルはひとつしか
ないんですよ

顧客のライフタイムバリュー、つまり生涯価値を
重視したビジネスモデルに切り替える以外
ないんですよ

今、掲載料払ってネットで売れば比較的小さい
努力で売りやすいですよ。だけどこれは
ライフタイムバリューにはつながりにくいんですよ

ってこの間ある人に言ったら、だけど年寄りが
増えるから免許返納が進むでしょ。って言われたんですけど
確かにそうですけどもう自動運転が目の前ですよ
お年寄りは自動運転の車に切り替えていきますよ
特に車がないと生きていけない地方ではそうですよ
その時に販売につながるのはライフタイムバリューを
重視してやってきた販売店ですよ

お年寄りが全く付き合いのない車屋からネットで
買います?そりゃ中にはそういう人もゼロでは
ないでしょう。

だけど普通は大きな耐久消費財は価格より信頼性を
重視して購入しますよ。信頼は一朝一夕には
作れないですよ。

昔から遠くの親戚より近くの他人っていうでしょ
そういうことですよ、それは意識的にやらないと
できないですよ

ライフタイムバリュー、つまりは関係性の構築
ここをきちんとやらない限り利益体質の会社には
なりにくいってことですよ

中古車販売店の売り上げが飛躍的に伸びるメルマガ

このメルマガでは以下の事がわかります

  • お客さんが頼むから売って下さいと言わせる方法
  • 中古車販売店のネット集客方法
  • 会社を社員に任せて自動操縦する方法
  • 成約率を飛躍的に伸ばす○○シリーズという方法
  • 当社が世帯数シェア19%を確保した最強囲い込み手法

いますぐ下記よりお申し込み下さい!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

無料メルマガ配信中
中古車販売店の売上が飛躍的に伸びる門外不出のノウハウを公開中
中古車が売れなくて困っている経営者へ  中古車の在庫を30%減らし、売上を150%にする方法

カテゴリー