地域一番の中古車販売店を創造するブログ「ネット集客増強研究会」

中古車販売店経営、企業は人の本質

2014.03.05

[`evernote` not found]
GREE にシェア

中古車販売店経営、企業は人の本質こんにちは、
中古車販売店の売り上げアップの組織
集客増強研究会の大平です。

ちょっと今日は視点を変えて人の問題について
書いてみますね。

企業は結局、人だ。
こういう社長って結構いらっしゃいますよね。
実際にその通りだと思いますし
避けては通れない問題ですね。

ただここからは本当に僕の個人的な感想と
捉えて頂いて言いのですが、僕の感想としては
企業は人だ。っていう社長って本当に人の問題に
取り組んでいるかというとそうでもない。って
思ってます。

つまりこういう事なんですよ。

人、つまりは社員ということですけど僕が感じるのは
極端な言い方をすると
俺は働かないけど、お前たち働いて金稼いでこいよ」
僕にはこのように聞こえることが多いです。

理由を説明しますね。
企業は人、その通りです。だけど人は人、自分ではないわけです。
僕の考えでは中小企業の業績の99%は社長で決まるし
社長が責任を持つべきというのが僕の考えです。

なんかの団体の飲み会などで得々と企業は人と
語る社長を見ます。
で、社長は何をやっているかというと今日はあっちの
団体の会議、明日はあっちの団体の会議、実態は
ほぼ飲み会、そして仕事と称してゴルフ
で、持論は企業は人だ。

これって
俺は働かないけどお前たち働いて稼いでこいよ」
って言っているように聞こえませんか?

もちろん完全に仕組みが出来上がってからゴルフだ
飲み会だ。会議だ。っていうのはいいと思いますよ。

本当に人の問題に取り組んで人から企業を
作り上げようとしたらすごい労力だと思います。

リクルートの江副さんは人のやる気を引き出すことに
かけては異常とも思えるこだわりと天才的な考えを
持つ人でしたが天才江副を持ってしても
3ヶ月ごとに新しい施策を打ち出さなければやる気は
継続しないと言ってますよね。

自分を変えるのだって容易ではないわけです。
それが人を変えるなんてもっと難しいと思いますよ。

全てがそうだとは言いませんが企業は人っていう社長
社長自身は集客から成約から囲い込みまで全て社員に
任せているケースがかなり多いです。

だけどそれって無理ですよ。言ったらとにかく売ってこい
ってことですから

僕が考えたのは人を変えるのは容易ではない
だから仕組みにしようと思ったわけです。

つまり属人性の排除を目指したわけです。
特定の人間の特定の個人的能力に依存した経営の排除と
いう意味ですね。
トップセールスはつくらないという考え方ですね。
仕組みにならないですからね

ある程度成功したと思ってますよ。
たぶんですけど集研の会員さんが比較的短期で
数字が上がってくるのもこの仕組みそのものに
再現性があるからだと思います。

再現性がないものは仕組みにはならないですからね
僕は企業は人という社長に対しては個人的には
こういった見方をしています。

中古車業界専門誌ユーストカーで連載スタートしました。
ユーストカーのお申し込みはこちらから www.u-car.co.jp

日刊自動車新聞にて毎週水曜日、中古車販売店のマーケティング入門講座を連載しています。 今、日刊自動車新聞WEB版を申し込むと

【中古車販売店向けネット集客のやり方】
A4版 11ページが無料で手に入ります。お申し込みは今すぐ

http://www.netdenjd.com/

中古車販売店の売り上げが飛躍的に伸びるメルマガ

このメルマガでは以下の事がわかります

  • お客さんが頼むから売って下さいと言わせる方法
  • 中古車販売店のネット集客方法
  • 会社を社員に任せて自動操縦する方法
  • 成約率を飛躍的に伸ばす○○シリーズという方法
  • 当社が世帯数シェア19%を確保した最強囲い込み手法

いますぐ下記よりお申し込み下さい!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

無料メルマガ配信中
中古車販売店の売上が飛躍的に伸びる門外不出のノウハウを公開中
中古車が売れなくて困っている経営者へ  中古車の在庫を30%減らし、売上を150%にする方法

カテゴリー