地域一番の中古車販売店を創造するブログ「ネット集客増強研究会」

レンタカー事業ってどうよ

2017.09.12

[`evernote` not found]
GREE にシェア

レンタカー事業ってどうよレンタカー事業ってどうよ

レンタカーに関しては以前にも確か何か
書いた記憶があるのですが本当に
検索数が多いんですよね

えーと市場規模から説明しましょうか
詳しい数字は調べればあると思うのですが
詳細データは省くとしてもまあ確実に
市場規模は伸びているでしょうね

所有から借りるという流れは間違いない所でしょうから

で、収益構造としては1にも2にも回転率ですよね

回転率を左右するのは集客力という事ですよ。
で、集客力というとすぐに出てくるのが安売り屋
なわけですよ。実は価格よりもっと重要なことが
あるんですけど、ひとまず置いておき、価格面を
ご自分で調べて見てください

まあこの場であまりな事書くとクレームつきそうだし
おかげさまで僕の記事、かなり影響力があるんで
価格優位性に関しては簡単に調べがつくんで
ちょっとご自分で調べて見てください

ただひとつだけ言えることはお客さん舐めたらいかん
ということですよ。「

言葉の引っ掛けみたいな商売ってまあ流行らないです
例えば新車半額って商売ありますけど主力の販売方法に
なりました?なったって所、聞いたことないです
なぜなら新車半額って言いながら新車半額じゃないからなんです
まあお客さんもバカじゃないからわかってますけどね
ただ店の立ち位置としてこういう引っ掛けみたいなやり方
やるべきではない。というのが僕の基本的な考え方ですけどね

商売って正々堂々と王道を歩むのが遠く見えても最も
近道なんですよ

で、集客力という観点から考えてみましょうか?
もしあなたがメガネを作ろうと思ったとするでしょう
バイパス沿いに大手量販店が3店舗くらいあるわけですよ
まずこの3店舗を見て回りませんか?

それとも昔から商店街にあるメガネ、時計、宝石って書いてある
古いお店に行きます?知り合いでもない限り
普通はいかないわけですよ。

補聴器なんかも一緒ですよね。よくメガネ屋で補聴器もやっているところ
ありますけど、補聴器欲しくて補聴器屋があれば補聴器屋に
行きますでしょ?あえてメガネ、補聴器って書いてあるところに
行きます?

これと一緒なんですよ。まずはジャパレンとかパジェットとか
あるいはどことは言えないですがきちんとしたお店構えて
専業でやっているところに借りにいくというのが普通ですよ

よほど知り合いでもいない限り兼業で中古車屋や整備工場の
横にのぼり旗立ててやっているところにいきなりお客さんが
来るという可能性はかなり低いと見た方がいいですよ

まあそういった部分で価格を安く見せかけて集客しようと
して引っ掛けみたいな
キャッチ使うレンタカーがあるんでしょうけどね

まあレンタカー開業とかで検索している方のほとんどは
車関係の方だと思うんですよね。で、そのほとんどが
今の商売が今ひとつだからレンタカーなんてどうだろう?
って言う感情から検索していると思うんですよ。

この記事の場合、事故代車とかのレンタカー登録とか
そういった他の理由がからんだ検索は考慮してないですよ
それはまた別の要因が絡むんで単純にレンタカーという
商売についての考察と思ってくださいね

レンタカー自体悪いわけじゃないと思うし、マーケットサイズは
大きくなってきているわけですよ。
ただ検索してる方のほとんどは自社の横で兼業で金をかけずに
儲けたいって人多いんじゃないかと思うんですね

だけど本当に稼ぐつもりならきちんと本腰入れて
やらないと簡単には儲けさせてくれないですよ
まあレンタカーに限らずどんな商売でもそうですけど
何屋かが明確になっていないお店っていうのは集客で
すごく苦戦するんですね

普通に考えてレンタカーってレンタカー屋に借りに行きません?
レンタカーもやってます。って言うところより普通は
レンタカー屋に行くのが普通ですよ。
まあここよく考えて参入の可否、判断したほうがいいですよ

あ、ちなみに実は僕も今、レンタカー参入しようかな?って
思ってるんですよ。もちろんジャパレンやトヨタレンタと
真っ向勝負に行くようなヘタな真似はしないですよ
ちょっと捻りますよ

中古車販売店の売り上げが飛躍的に伸びるメルマガ

このメルマガでは以下の事がわかります

  • お客さんが頼むから売って下さいと言わせる方法
  • 中古車販売店のネット集客方法
  • 会社を社員に任せて自動操縦する方法
  • 成約率を飛躍的に伸ばす○○シリーズという方法
  • 当社が世帯数シェア19%を確保した最強囲い込み手法

いますぐ下記よりお申し込み下さい!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

無料メルマガ配信中
中古車販売店の売上が飛躍的に伸びる門外不出のノウハウを公開中
中古車が売れなくて困っている経営者へ  中古車の在庫を30%減らし、売上を150%にする方法

カテゴリー