地域一番の中古車販売店を創造するブログ「ネット集客増強研究会」

中古車のネットマーケティング

2013.10.21

[`evernote` not found]
GREE にシェア

中古車のネットマーケティングこんにちは、
中古車販売店の売り上げアップの組織
集客増強研究会の大平です。

さて前回に続いて中古車販売のネットマーケティングです。

前回の宿題、考えてみました?
あなたの会社では何が目的でホームページを作っていますか?
別の言い方をするとあなたの会社ではホームページに何を
して欲しいと考えていますか?この質問ですね。

まずここから説明しますね。
恐らくは中古車を売りたいということだと思います。
まずこれが最終目的ですよね。

会社の名刺替わりにホームページを使うというケースも
ありますがこの場合、これをコーポレートサイトというのですが
今回のネットマーケティングとは目的が異なるのでそれは
説明を省きますね。

中古車を売りたい。これが目的だとした場合ですが普通は
クリックして買い物カゴに車を入れてカードで決済という
ような通常のショッピングのようには中古車はなりません。

そうするとまずは問合せを頂く、これが目的になりますよね。
だって問い合わせがないのに売れることは有り得ないわけですから。

そしてこの問合せを頂くこと、つまり目的に沿った行動を
ユーザーにしていただくことをコンバージョンと言います。
問い合わせが1件あれば1コンバージョンとなります。

だから前回書いたコンバージョンという言葉が一切ない
ネット業者の説明やセミナーはほとんど聞く必要がないと
いうのはそういった意味なのです。
なぜなら目的を意識していないわけで問い合わせのない
ホームページは意味がないわけですから。

先日ある業界紙を読んでいたら中古車販売専門の
ホームページ製作業者がある中古車販売店のホームページ
製作においてページビューが以前に比較して400倍になった
と書いてあるのを見たのですが、僕に言わせると
だからなんなの?という気持ちしかないんです。

だって目的はページビューですか?ページビューなんて
1万倍になっても問い合わせが0なら全く意味がないんです。

やはりこの記事でもコンバージョンについては全く記述が
ないんです。コンバージョンの記述がないセミナーや
WEBコンサルタントは存在の意味がないのと一緒なんですね。

じゃあそれほど大事なことをなぜWEBコンサルタントは
言わないの?

これは推測ですがコンバージョンを言ってしまうと黒、白が
はっきりしてしまうからだと思うんですね。
つまりコンバージョンは取れたか?取れないか?はっきりしてますが
他の指標はページビューでもアクセス数でもごまかしが効くんですね。

ただ最終的にコンバージョンを取ることが目的だとしても
滞在時間が長い方が、或いはページビューが多い方が、
コンバージョンにはつながりやすいのは事実ですよ

だけどその最終目的であるコンバージョンという事の意味を
説明しない、一切書かないWEBコンサルというのは
まやかしだと僕は思っています。

2回で終えるつもりでしたが書ききれないですね。
次回継続して中古車販売店のWEBマーケティング
記載しますね

 

中古車業界専門誌ユーストカーで連載スタートしました。
ユーストカーのお申し込みはこちらから www.u-car.co.jp

日刊自動車新聞にて毎週水曜日、中古車販売店のマーケティング入門講座を
連載しています。 今http://www.netdenjd.com/top/?tryi より日刊自動車新聞
WEB版を申し込むと
【中古車販売店向けネット集客のやり方】
A4版 11ページが無料で手に入ります。お申し込みは今すぐ

http://www.netdenjd.com/top/?tryi

中古車販売店の売り上げが飛躍的に伸びるメルマガ

このメルマガでは以下の事がわかります

  • お客さんが頼むから売って下さいと言わせる方法
  • 中古車販売店のネット集客方法
  • 会社を社員に任せて自動操縦する方法
  • 成約率を飛躍的に伸ばす○○シリーズという方法
  • 当社が世帯数シェア19%を確保した最強囲い込み手法

いますぐ下記よりお申し込み下さい!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

無料メルマガ配信中
中古車販売店の売上が飛躍的に伸びる門外不出のノウハウを公開中
中古車が売れなくて困っている経営者へ  中古車の在庫を30%減らし、売上を150%にする方法

カテゴリー