地域一番の中古車販売店を創造するブログ「ネット集客増強研究会」

車の買取のキャッチの考え方

2014.05.09

[`evernote` not found]
GREE にシェア

車の買取のキャッチの考え方こんにちは、
中古車販売店の売り上げアップの組織
集客増強研究会の大平です。

つい最近、この車の買取のキャッチコピー
何かいいキャッチない?みたいな意味の
問い合わせ頂いたのでそれについて
少し僕の考えを説明しますね。

僕のところも買取店も持っていますが
絶対に使わないようにしているのが
高価買取」ですね。

みなさんもまさかこういうキャッチ使ってないですよね?(笑)
使ってそうですね。(笑)

なぜ使ってはいけないのか?理由はいくつか
ありますので少し説明しますね。

まず第一に高価買取って言うと高く売りたい
お客さんが来るってことなんですよ。

だって買取は高く買ったら儲からないじゃないですか。
だから高価買取って言っちゃダメなんですよ。
たぶんこのキャッチ使うと何件も何件も比較する
ようなお客さんが集まりやすくなりますよ。

それとそもそも高価買取という言葉には
競争力がないんですよ。だってどこでも高価買取って
言いますからね。

この高価買取っていうのを見て、ほぉ、高価買取かあ?
じゃあ行ってみるかあ!って言うお客さんはいないですよね。
お客さんは信じてないからこそ何件も比較検討する
わけじゃないですか。

つまり高価買取というキャッチには何ら競争力は
ないばかりでなく、数社でアイミツ取って1円でも
高く売りたいって層を集めちゃうわけですよ。

で、買取店が欲しい客層というのはあまり金、金、金
って言う客じゃなくておだやかな商談でお互いに
納得して気持ちよく売ってくれるお客さんですよね。

もちろんアイミツを取らないからといって買い叩くような
事はしないですよ。適正値を提示させていただき
適正な利益を確保する中で気持ちよく商いをさせて
いただくわけですから。

で、そういうことであれば高価買取ってキャッチでは
無理ですよね。

えっ?そのキャッチをずばり教えろ?

そりゃ無理ですよ。店舗看板や広告媒体では使って
ますけど、HPにも載せてないですよ。
調べてもわからないですよ。(笑)

まあ集研会員さんには正直にお伝えしますけどね。

中古車業界専門誌ユーストカーで連載スタートしました。
ユーストカーのお申し込みはこちらから www.u-car.co.jp

日刊自動車新聞にて毎週水曜日、中古車販売店のマーケティング入門講座を連載しています。 今、日刊自動車新聞WEB版を申し込むと

【中古車販売店向けネット集客のやり方】
A4版 11ページが無料で手に入ります。お申し込みは今すぐ

http://www.netdenjd.com/

中古車販売店の売り上げが飛躍的に伸びるメルマガ

このメルマガでは以下の事がわかります

  • お客さんが頼むから売って下さいと言わせる方法
  • 中古車販売店のネット集客方法
  • 会社を社員に任せて自動操縦する方法
  • 成約率を飛躍的に伸ばす○○シリーズという方法
  • 当社が世帯数シェア19%を確保した最強囲い込み手法

いますぐ下記よりお申し込み下さい!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

無料メルマガ配信中
中古車販売店の売上が飛躍的に伸びる門外不出のノウハウを公開中
中古車が売れなくて困っている経営者へ  中古車の在庫を30%減らし、売上を150%にする方法

カテゴリー