地域一番の中古車販売店を創造するブログ「ネット集客増強研究会」

中古車販売店の店舗立地の考え方

2014.11.07

[`evernote` not found]
GREE にシェア

中古車販売店の店舗立地の考え方こんにちは、
中古車販売店の売り上げアップの組織
集客増強研究会の大平です。

たまに質問されます。
店舗立地の考え方。

で、中古車販売店の店舗立地って
僕の考えでは他の商売と少し異なっていると
思うんですね。

例えばコンビニのような小規模小売店の
場合、徒歩で5分から10分圏内の人口などを
見て出店判断したりすることが多く
大型店の場合は車でおおむね30分圏内の
人口を商圏人口と判断することが多いようですが
中古車販売の場合、扱い商品と商圏判断は
密接な関係があると思っています。

いわゆる普通の中古車屋さん。
特に色のないなんでも屋系中古車屋さんとか
本当に一般的な車、ミニバン系とかなら
やはり車で30分圏内くらいが商圏人口だと
思うんですね。

これ距離で見たりすると判断を誤りやすいですね。
途中に橋や踏切、トンネルがあったりすると
距離は近くても時間がかかる場合があって
結構近いのに商圏となりにくいケースがあるからです。
(このあたりの考え方は竹田要一先生の
ランチェスター戦略が詳しく説明されています)

だからあくまでも時間で考えた方が商圏は
判断しやすくなりますね。

#注意
ネット集客の場合は全く考え方や戦略が異なるので
今回の記事では来店前提ということで説明しています
ネット集客は考え方は異なります。

話、元に戻しますね
そうです。一般的な普通の中古車屋さんの場合は
30分圏内くらいというのがまあ妥当なラインですね。

ただ家賃との兼ね合いとかあるいは自分の居住位置とかの
兼ね合いでかなり奥まった場所に店舗を出さざるを得ない
場合ってあると思うんですね。

仮にすごい山奥のポツンとした所にしか店舗を出すことが
出来ないと仮定しましょうよ。この場合でも商品特性を
強く出すことによって利益体質のお店を作ることって
出来るんですよ。

周囲の地理的状況や大都市圏から1時間から2時間程度の
山奥なのか、それとももっと山奥なのかによって
選択は異なってきますけど一つの方法としては
マニア性の高い商品を置くという方法があるんですよね。

マニア性というのは例えばホンダのビートみたいな車とか
旧車系なんかに特にマニア性の高い車、多いですよね。
バイクでいうと昔のCB750とかですね。

マニア性が高くなればなるほど立地的な不利は
消されていくわけですよ。

だから戦略がきちんとしていれば立地はある程度は
カバーできてしまうわけですね。

このあたり、立地と競合と取扱い車両の3つの関係を
きちんと理解していないと結構、後から苦戦しますよね
まあそれに修正助言を出すのが僕の仕事でもありますけどね。

中古車業界専門誌ユーストカーで連載スタートしました。
ユーストカーのお申し込みはこちらから www.u-car.co.jp

日刊自動車新聞にて毎週水曜日、中古車販売店のマーケティング入門講座を連載しています。 今、日刊自動車新聞WEB版を申し込むと

【中古車販売店向けネット集客のやり方】
A4版 11ページが無料で手に入ります。お申し込みは今すぐ

http://www.netdenjd.com/

中古車販売店の売り上げが飛躍的に伸びるメルマガ

このメルマガでは以下の事がわかります

  • お客さんが頼むから売って下さいと言わせる方法
  • 中古車販売店のネット集客方法
  • 会社を社員に任せて自動操縦する方法
  • 成約率を飛躍的に伸ばす○○シリーズという方法
  • 当社が世帯数シェア19%を確保した最強囲い込み手法

いますぐ下記よりお申し込み下さい!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

無料メルマガ配信中
中古車販売店の売上が飛躍的に伸びる門外不出のノウハウを公開中
中古車が売れなくて困っている経営者へ  中古車の在庫を30%減らし、売上を150%にする方法

カテゴリー