地域一番の中古車販売店を創造するブログ「ネット集客増強研究会」

車屋の比較検索と指名検索の違い

2016.07.02

[`evernote` not found]
GREE にシェア

車屋の比較検索と指名検索の違いこんにちわ
中古車販売店の売り上げアップの組織
集客増強研究会の大平です。

比較検索と指名検索の違い
ちょっとあまり聞きなれないかもしれないですね

少し説明しますね
比較検索というのは例えばセレナの購入を検討して
いるお客さんが地域名+セレナみたいな検索を
掛けることですね

指名検索はセレナの購入を検討しているお客さんが
会社名などで(この場合の会社名というのは
日産とかじゃなくて特定の中古車販売店名)
検索してくることですね。

で、比較検索で検索される限りすでに
レッドオーシャン(激しい競争市場)に
参入してしまっているということなんですね

指名検索の場合はSEO対策(検索エンジン対策)
をさほどやらなくても指名だから検索の上位に
来るわけですよ。

このブログやメルマガを読んでいる皆さんは
大平?こいつどういう奴なんだ?って
僕の個人名で検索してますよね?

つまりこの段階で指名検索に入っているわけですよ
「中古車 コンサルタント」みたいな検索は
していないと思うんですよ。これ比較検索ですから
もしこれで検索してるとするとレッドオーシャンなんですよ

だけど僕の場合はレッドオーシャンには入らないから
だからこれだけ強気のブログが書けるわけですよ。

普通セミナーなんかでも皆様お誘いあわせの上
ご来場下さい。とか、是非参加してくださいとか
言うじゃないですか。僕みたいに、はい定員オーバーで
もうダメです。みたいな対応はしないですよね。

必死にFAXDMやったりして勧誘してくるじゃ
ないですか。
だけど僕から営業受けたことある方はいないわけですよ
それは提供しているコンテンツに自信を持っている
事もありますし、そもそもコンサルが是非お願いします
っておかしくないですか?あ、話それてしまいました。

指名検索と比較検索でしたね。

で、車屋の経営も最終的には指名検索にしていく
事が目的になるわけですよ。

指名検索の場合、最もいいのは競争という概念が
ほとんどなくなってくるため、価格競争という事が
経営者の関心から外れてくるんですね。

むしろブランド維持のために類似商品の中では
高い価格帯を目指すようになり、結果
価格以外の判断基準を作る努力をするように
なるんですね。

よく聞く話ですけど、うちには安物買いのお客さんしか
来ないんですよ。っていう人いるんですけど
そりゃそうですよ。

だってそういうお店って価格以外の判断基準を
お客さんに与えていないわけですから。

激安とか安い安いとかそういう広告や看板使って
いるわけで、安い安いって言えばそりゃ
安いものが欲しいお客さんが集まるんですよ。

まああたりまえですね。(笑)

安売りしたくなかったら
大事な事は価格以外の購入判断基準をお客さんに
対して与えるという事ですね。

そもそも店舗名自体、比較検索してくださいみたいな
ビジネスモデルを提供しているコンサル会社ありますよね
だけどなんで自ら好んでレッドオーシャンに自分から
突っ込んでいくのか僕には全く理解できないです。

まあ集研の会員さんは全員価格以外の購入判断基準
もってますけどね
そりゃそうですよ。僕が作ったものをそのまま
渡しているんですから。

中古車販売店の売り上げが飛躍的に伸びるメルマガ

このメルマガでは以下の事がわかります

  • お客さんが頼むから売って下さいと言わせる方法
  • 中古車販売店のネット集客方法
  • 会社を社員に任せて自動操縦する方法
  • 成約率を飛躍的に伸ばす○○シリーズという方法
  • 当社が世帯数シェア19%を確保した最強囲い込み手法

いますぐ下記よりお申し込み下さい!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

無料メルマガ配信中
中古車販売店の売上が飛躍的に伸びる門外不出のノウハウを公開中
中古車が売れなくて困っている経営者へ  中古車の在庫を30%減らし、売上を150%にする方法

カテゴリー