地域一番の中古車販売店を創造するブログ「ネット集客増強研究会」

車屋の信用の作り方

2018.11.23

[`evernote` not found]
GREE にシェア

車屋の信用の作り方車屋の信用の作り方
まあどんな業種業態であっても
信用がないところからモノは買わないと
いうのは当たり前ですね

信用というのは積み上げるのは
何年もかかりますけど壊すのは一瞬で
出来てしまうから怖いですね。

このメルマガ読んでいる読者の方も
経験あると思いますけどお客さんの中には
修復歴あっても安ければいいよと
言う人もいるじゃないですか

で、車屋側も中には修復歴ありと
きちんと説明してあれば問題ないんじゃない?
と言う人もいます。だけどこれがクセ者なんですよ。

今任意保険の加入率はおおむね74%くらいなんですよ
でそのうち車両保険に入っている率は61%なんですね
この数字から読み取れるのはまあ40%程度はとりあえず
とにかく安くと言って直す

残りは保険修理ですけどアジャスターが介入
こういったことから普通に考えると修復歴車を
売った場合、結構高い確率で何か問題が起きる
可能性は高いわけですよ。僕が言うまでもないですね
みなさんプロなんでよくご存知かと思います。

問題はここからなんですね。
修復歴をきちんと説明してあるんだから問題ないと
考えるのは車屋の考え方

お客さんから見たら実際に問題が起きたら
そーっと離れていくんですよ

安ければいいよ、文句言わないよという人ほど
よくないというのはみなさん知ってのとおりですよね

つまり修復歴があると言われていたからなにも
言えないけど、やっぱりダメだな。といいつつ
なにも言わずそっと離れていくケースが多いわけです。

むしろ文句言ってくれたら対処の仕方もあるんですけど
何も言ってこないからトラブルは起きていないと考えるのが
車屋。でも実際は言ってこないだけで結構トラブルは
起きているケースが多いのが修復歴車ですよ。

怖いのは全て修復歴車を売っているわけではなくても
お客さんはあそこは事故車専門というような見方
言い方をするわけです。あそこはダメだよって言うわけです。

これが広がるのは思ったより早いですよ。

事故車をかなり売っていて伸びた、大きくなった会社
見たことあります?僕の知っている限りないですよ
40~50年前、まだそういうことがうるさくなかった
頃ならもしかしたらあったかもしれないですけどね

判断に困ったら歴史をみることですよ
歴史は嘘はつかないです。
良質とは言いにくい商品を扱って伸びた会社は
古今東西、どんな商売でもないはずです。

日本という国単位で考えたって戦後まもない頃
安かろう悪かろうの時代があって輸出がかなり
困難となった時代があったわけですよ

わずかな利益のために信用を失っていくわけですよ。

で、あそこの車屋は信用できないけど安いからあそこで
買うか。ってまあ普通はならないですよね。
人は信用できない所からは絶対のモノは買いませんよ。

悲惨なのは親子ともども何十年もかけて築いてきた
信用でもちょっとした判断ミスで一瞬で信用をなくすと
いうことですよ

一度信用を亡くしてしまったらこれを取り戻すのは
至難ですね。

信用を作るって結局は近道はなくてコツコツ真面目に
やるしかないんですよ

事故車でもなんでも安けりゃいいという考え方
極めて危険ですよ。まあ当たり前の話で
普通はそういう話には乗らないものですが
中にはよく考えずにやってしまう人もいますからね

中古車販売店の売り上げが飛躍的に伸びるメルマガ

このメルマガでは以下の事がわかります

  • お客さんが頼むから売って下さいと言わせる方法
  • 中古車販売店のネット集客方法
  • 会社を社員に任せて自動操縦する方法
  • 成約率を飛躍的に伸ばす○○シリーズという方法
  • 当社が世帯数シェア19%を確保した最強囲い込み手法

いますぐ下記よりお申し込み下さい!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

無料メルマガ配信中
中古車販売店の売上が飛躍的に伸びる門外不出のノウハウを公開中
中古車が売れなくて困っている経営者へ  中古車の在庫を30%減らし、売上を150%にする方法

カテゴリー