地域一番の中古車販売店を創造するブログ「ネット集客増強研究会」

中古車販売の無料集客の方法

2013.01.31

[`evernote` not found]
GREE にシェア

中古車販売の無料集客の方法中古車販売店専門コンサル
ネット集客増強研究会の大平です。

たまにはボーナス情報でも書きましょうか。

集客、これってどこの会社でも楽だという
会社はないと思います。
どうやったらお客さんが来てくれるのか
みんな頭を悩ますところだと思います。

集客って結局、お金をかけずに手間を掛けるか。
手間を掛けずにお金を掛けるか。
どっちかなんですよね。

で今日のボーナス情報はお金を一切掛けずに
手間を少し掛けてお客さんを集める中古車の集客方法について
書いてみますね。

次の原理原則覚えていますか?
【人は知らない人より知っている人からモノを買う。】

当たり前ですよね。でもこの当たり前の事が
きちんと理解されていないと無料集客は難しいですよ。

じゃあ弊社でやっている無料集客方法をズバリ書きますね。

みなさんフェイスブックやってます?
フェイスブックには個人で持つページと
会社として持つフェイスブックページとありますよね。
(やってない方はまず開設してくださいね)

あ!わかった。会社のフェイスブックページを作って
それで集客するんだ。こう思ったあなた。
間違っています。(笑)

会社のフェイスブックページを作ってそこに誘導、
そこには車の情報がたくさん載っている。
これはただの売り込みです。

フェイスブックというのは極端に売り込みを嫌う
媒体ですよ。こんな恐ろしいことしたら嫌われても
好かれることはなくなりますよ。

わかってないですねえ。
【人は知らない人より知っている人からモノを買う。】

フェイスブックってコミュニティサイトですよね。
だったらコミュニティを作りましょうよ。
どんなコミュニテイ?

札幌の中古車屋で車を買う人は札幌に住む人が
多いわけですよね。福岡に住んでるわけじゃないですよね。

そうしたら札幌っていいね!みたいな札幌の人が集まる
コミュニティサイトをフェイスブックページで立ち上げるわけですよ。

姫路の車屋なら姫路っていいね!これを立ち上げるわけですよ。
あなたが商売をしている地元の地名を頭に入れたコミュニティですよ。
当然集まるのはあなたの商圏に住む人たちばかりですね。
そしてそこのコミュニティは立ち上げたあなたが管理人ですよね

そうしたらもうひとつ会社のフェイスブックページをたちあげましょう。
そこの管理人もあなたですよ。

どうなります?
地元のコミュニティの管理人はどうも車屋らしい。
【人は知らない人より知っている人からモノを買う。】

地元コミュニティが出来てもそこで売り込んではだめですよ。
フェイスブックにはチェックインクーポンというクーポンが
発行できるので会社のフェイスブックページでクーポンを
作りましょうよ。

例えばオイル交換500円券とかですよ。
無料はダメですよ。無料は却ってお客さん来にくいから。
なんでもかんでも無料がいいなんて間違いですよ。
もっと顧客感情を考えましょうよ。

そうしたらそのクーポンをどちらのフェイスブックページも
管理人であるあなたはどちらにも投稿できますよね。

地元コミュニティにたま~にポツンポツンと投稿して
行きましょう。地元コミュニティではあなたが車屋で
あることは徐々に浸透していくわけです。
500人や1000人の友達なんかすぐに集まりますから

そしてフェイスブック上でコメントのやり取りする
わけですね。
【人は知らない人より知っている人からモノを買う。】

どうです?こういう関係が構築されたとき、お客さんが車の購入を考えたとき
全く知らない車屋とあなたとお客さんはどっちに相談します?

既に潜在的な見込み客リストを手に入れることが出来るんです。
○○っていいね!この○○は地名ですが他社に取られたら
取れませんよ。同じ名前のコミュニティサイトは作れませんから。

いますぐ始めてくださいね。

中古車販売店の売り上げが飛躍的に伸びるメルマガ

このメルマガでは以下の事がわかります

  • お客さんが頼むから売って下さいと言わせる方法
  • 中古車販売店のネット集客方法
  • 会社を社員に任せて自動操縦する方法
  • 成約率を飛躍的に伸ばす○○シリーズという方法
  • 当社が世帯数シェア19%を確保した最強囲い込み手法

いますぐ下記よりお申し込み下さい!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

無料メルマガ配信中
中古車販売店の売上が飛躍的に伸びる門外不出のノウハウを公開中
中古車が売れなくて困っている経営者へ  中古車の在庫を30%減らし、売上を150%にする方法

カテゴリー