地域一番の中古車販売店を創造するブログ「ネット集客増強研究会」

中古車販売の集客、さらに続きます。

2013.03.25

[`evernote` not found]
GREE にシェア

中古車販売の集客、さらに続きます。こんにちは
中古車販売店専門コンサルタント
ネット集客増強研究会の大平です。

前回の記事で紙媒体、ネット媒体を
入れると両方で数十は種類があるという
話しました。

そしてこの中には反応がいい媒体も
反応が悪い媒体も混ざっているので
それを検証し、反応がいいものだけを
残していくという考え方が必要になります。

よくある事例で最ももったいない事例は
反応がいい媒体であるにも関わらず
きちんと計測していないためにただお金が
かかるから、というような理由で広告を
止めてしまっているケースですね。

そうすると反応をきちんと計測する必要が
あるわけですがそれはどうやって計測するか?
という問題が残ってきます。

はっきりしていることは昔からある
車の写真とプライス、こういった広告手法では
現在の在庫回転率から考えるとまず
広告としては黒字にはなってきません。

ではどうするか?

このブログでは主に中古車販売にマーケティング的な
考え方を導入することを目的としてお伝えしているわけ
ですがマーケティングにはフロントエンドと
バックエンドという考え方があります。

つまり高額商品はいきなり集客は難しいので
(売ることは難しいので)集客用の低単価
もしくは無料の商品、これをフロントエンドと
言いますがそういった商品を開発するわけですね

そしてバックエンドは本来売りたい商品
中古車販売店の場合は中古車ですね。

つまり集客用商品を作ってお客さんを集めるわけです。
その後、関係性を構築して本来売りたい中古車を売ると
いう考え方の元に営業の仕組みを構築していくわけですね

このフロントエンドを開発するメリットはいっぱいあります。

つまりフロントエンドで集めたお客さんの数を計測する
わけです。

例えば10万円の広告費を使って5件集まった場合は
1顧客獲得単価が2万円ということになります。
これをマーケティング用語ではCPIといいます。
ネットの場合はほぼ同じ意味ですがCPAといいます。

そうすると集まった数が多い媒体がいい媒体ではなく
CPIが安い媒体がいい媒体という判断が出てくるんですね。

恐らくは車の写真とプライスという従来の広告手法で
やるよりかは圧倒的に安い価格で圧倒的に多くの
お客さんが集まるはずです。

是非真剣にフロントエンドの開発にあたってみて
くださいね。

さらに広告というのは媒体だけの問題ではなく
表現方法の問題も絡んできますよね。

これらをひとつづつ実験して完成させていく
わけですが判断基準がなければ実験も
できませんよね。

今後、フロントエンドを作ってきちんとCPIの
計算をしていけばその実験が可能となるわけですね。
大変そう?
そうですよ。めっちゃ大変です。
恐らくは実験だけで数千万は必要になりますよ。

実験済みデータ?

集客増強研究会では全ての実験済みデータと
フロントエンド商品をお渡ししていますよ。
(少し売り込み。笑)

中古車販売店の売り上げが飛躍的に伸びるメルマガ

このメルマガでは以下の事がわかります

  • お客さんが頼むから売って下さいと言わせる方法
  • 中古車販売店のネット集客方法
  • 会社を社員に任せて自動操縦する方法
  • 成約率を飛躍的に伸ばす○○シリーズという方法
  • 当社が世帯数シェア19%を確保した最強囲い込み手法

いますぐ下記よりお申し込み下さい!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

無料メルマガ配信中
中古車販売店の売上が飛躍的に伸びる門外不出のノウハウを公開中
中古車が売れなくて困っている経営者へ  中古車の在庫を30%減らし、売上を150%にする方法

カテゴリー