地域一番の中古車販売店を創造するブログ「ネット集客増強研究会」

中古車販売店 展示場の車種構成

2015.02.05

[`evernote` not found]
GREE にシェア

中古車販売店 展示場の車種構成こんにちは、
中古車販売店の売り上げアップの組織
集客増強研究会の大平です

今日の記事
中古車販売店の展示場の車種構成のお話です。
もっとも僕の所は展示してないんであまり
関係ないんですけど、読者の方はほとんど
展示が前提だと思うんで少し説明しますね。

あ、展示台数が100台以上とかいわゆる結構
大規模展示場に属する経営者の方向けではなく
普通の30台規模とか10台規模とか一般論として
仕入れ資金が限られている方向けに書きますね。

えーとですね。展示車両を仕入れる時って
みなさんどうやって仕入れるんでしょうか?

そもそも僕の場合は売れるだろう、っていうような
見込み仕入れってやったことないんでよく
わからないんですけど、たぶんオークションなんかで
売れそうって言うような感覚で仕入れているんでしょうか?

だけどこれってすご~く危険だと思わないですか?
だって、もし売れなくてオークションに持ち帰るような
事になれば往復の陸送費に落札料に出品成約料
これだけでも相当な金額になるのに、値オチでも
してた日には目も当てられないじゃないですか。

まあ僕の場合はそれが嫌で車のお探し専門店っていう
ビジネスモデルを作ったわけですけどね
#お探し専門店は商標登録されているので勝手に使うと
ややこしい事になるんで止めて下さいね。

しかも展示台数が少ない店だと仕入れ総金額に対する
1台あたりの金額比率は高くなるわけですよね。

つまり30台展示している店が台あたり仕入れが100万なら
1台あたりは全体の3,3%に過ぎませんが10台展示なら
10%になってしまうわけで、展示台数が少なければ
少ないほどリスクは大きくなるわけですよね。

で、こういうビジネスモデルに立脚している中で
勘とか感覚とかで、仕入れを起こすってめっちゃ
危険だと思いません?

僕なんかの感覚だと売れる方が不思議って思っちゃいますよ。
だってその車が欲しいって言う人がたまたま店の前を
通らなくちゃならないわけでめっちゃ危険ですよね。

で、今日の本題なんですけどこういった見込み仕入れを
起こす中であっても勘や感覚ではなくて
例えばクラウンだったらローヤルとアスリート
どっちが売りやすいか?みたいなことを
客観的事実に基づいてきちんと判断する方法って
言うのがあるんですね。

これ知っているだけでもかなり経営リスクって
減らすことが可能になるわけですよ

これってちょっとした勉強をしたか?しないか?
だけの違いなんですよね。

このわずかな差が経営リスクを大きく分けて
しまうわけですから経営って本当に怖いですよね。

 

中古車業界専門誌ユーストカーで連載スタートしました。
ユーストカーのお申し込みはこちらから www.u-car.co.jp

日刊自動車新聞にて毎週水曜日、中古車販売店のマーケティング入門講座を連載しています。 今、日刊自動車新聞WEB版を申し込むと

【中古車販売店向けネット集客のやり方】
A4版 11ページが無料で手に入ります。お申し込みは今すぐ

http://www.netdenjd.com/

中古車販売店の売り上げが飛躍的に伸びるメルマガ

このメルマガでは以下の事がわかります

  • お客さんが頼むから売って下さいと言わせる方法
  • 中古車販売店のネット集客方法
  • 会社を社員に任せて自動操縦する方法
  • 成約率を飛躍的に伸ばす○○シリーズという方法
  • 当社が世帯数シェア19%を確保した最強囲い込み手法

いますぐ下記よりお申し込み下さい!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

無料メルマガ配信中
中古車販売店の売上が飛躍的に伸びる門外不出のノウハウを公開中
中古車が売れなくて困っている経営者へ  中古車の在庫を30%減らし、売上を150%にする方法

カテゴリー