地域一番の中古車販売店を創造するブログ「ネット集客増強研究会」

車屋の**専門店という選択の考え方

2019.10.18

[`evernote` not found]
GREE にシェア

車屋の**専門店という選択の考え方車屋の**専門店という選択
**には具体的な車名やカテゴリーが
入りますね。

まあいい事だと思いますけど
なぜ絞り込みをするのか?
その目的がわかっていないと
失敗するケースが多いです。

目的は絞り込むことが目的ではなくて
ロジックとしてきちんとした別の目的が
あるということを頭でちゃんと理解して
おかないと結構失敗しますね。

またなんでもかんでも絞ればいいと
いうわけではなく人口比との比較から
考えて絞った方がいいケースと絞らない方が
いいケースがあります。

例えば1000人の村でポルシェ専門店を
やっても、まあ売れないですよね。

この**部分と人口比の兼ね合いから
判断することになりますが
ある輸入車メーカーでは明確な出店基準が
あって〇万人に1店舗という基準値を
もっています。

これ非常に重要なことでそのメーカーの
年間販売台数は調べればわかるわけですから
そのメーカーの〇万人に1店舗の基準を
もとに他メーカーの販売台数を調べれば
後は按分比を出せばどのメーカー(車種)
ならおおむね必要人口数が出てくるわけですね

こういった科学的論拠がなく、なんとなく
絞ったケースではうまく行かないことが
結構あるわけで、新車ディーラーのそういった
マーケティング情報をもっていて、さらに
按分比という分析方法をわかっていれば
5分くらいである程度正確な調査は終了する
わけですね。

つまりA社が年間1000台売っていて必要人口が
1万人とした場合、B社は年間2000台売れているので
あれば必要人口は5000人まで下がるわけですね
単純計算なのでその他競合状況などは加わりますが
何も根拠がなく絞るより成功確率は上がるわけです。

こういったちょっとしたマーケティング知識は
必要ですがそれ以上に必要なのは
なぜ専門店化するか?

その真実の意味がわかっていないと苦戦するでしょうね
これ結構単純なことですが意味を理解していない方
かなり多いです。というよりほとんどの方は
真実の意味をわかっていないんじゃないかなあ。

中古車販売店の売り上げが飛躍的に伸びるメルマガ

このメルマガでは以下の事がわかります

  • お客さんが頼むから売って下さいと言わせる方法
  • 中古車販売店のネット集客方法
  • 会社を社員に任せて自動操縦する方法
  • 成約率を飛躍的に伸ばす○○シリーズという方法
  • 当社が世帯数シェア19%を確保した最強囲い込み手法

いますぐ下記よりお申し込み下さい!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

無料メルマガ配信中
中古車販売店の売上が飛躍的に伸びる門外不出のノウハウを公開中
中古車が売れなくて困っている経営者へ  中古車の在庫を30%減らし、売上を150%にする方法

カテゴリー