地域一番の中古車販売店を創造するブログ「ネット集客増強研究会」

中古車販売店の問い合わせフォームの作り方

2014.08.25

[`evernote` not found]
GREE にシェア

中古車販売店の問い合わせフォームの作り方こんにちは、
中古車販売店の売り上げアップの組織
集客増強研究会の大平です。

今日はちょっと専門的なニッチな事書きますね。

ホームページに問い合わせフォームってあるじゃ
ないですか。あの問い合わせフォームの話ですよ。
ボーナス情報ですよ。

あの問い合わせフォームって中古車販売のホームページの
場合、極めて重要なんですよ。

なぜって言うと中古車販売の場合、車を掲載して
買い物カゴがあってそこにお客さんが入れて
車を購入ってことはありえないわけじゃないですか。

そうすると中古車販売店のホームページの目的は
問い合わせをいかに多くして頂くか?
これに全ての全精力を傾ける必要があるわけですよ。

それでこの時にかなり重要な役目を持つのが
問い合わせフォームの構成なんですよ。

みなさん、ホームページに来たお客さんが
問い合わせフォームまで来てその後、問い合わせせずに
帰っていく率、計測したことあります?

実はこの問い合わせフォームまで来て帰るお客さんって
相当数いるわけですよ。

つまりコンビニで言うとレジの前まで商品を持ってきて
やっぱり止めた。って商品を棚に戻して帰るっていうことと
同じことなんですよ。

で、ほとんどの人は問い合わせフォームがどれだけ重要か?
知らないからホームページ屋に任せているわけですけど
ホームページ屋も一部の優良な業者を除けば問い合わせフォームの
重要さなんて知らないわけですよ。

で、結論言うとどれほど素晴らしいホームページを
作ろうとも問い合わせフォームに工夫がなければ
全てが水泡に帰すわけですよ。

例えばですよ。フォームによく必須項目ってあるでしょ。
これよく # で必須の表記してるホームページあるでしょ。
だけど必須を 必須 と書くか? #で必須を表現するか?で
離脱率って2%変わるんですよ。

離脱率っていうのはホームページから離れていく率ですね。
で、ひとつひとつは変わってもだいたいは1~2%、多くて
3%程度なんですね。

だけど仮に2%離脱率が変わる項目が10個あれば
20%離脱率が変わるわけですよ。

それは例えばカッコの形が ( か 「 でも違うわけですよ。
本当に細かいことなんですけどね。

で、こんなことホームページ屋もほとんど知らないわけですよ。
どうしてかというとホームページ屋はホームページ作って
お金をもらうのが仕事であってクライアントのホームページが
お客さんが問い合わせ入れてくれるかどうかなんて基本、
関係ないわけですよ。

ただ僕の場合は自分で中古車屋を経営しているんで必死なんですよ
だから( か 「 にもこだわって実験を繰り返したんですね
だって命かかってますからね

で、今日の本題ですけどみなさん一度問い合わせフォーム
よーく考えた方がいいですよ。

ほとんどの中古車屋さんのホームページは決定的に
間違っている。これじゃ問い合わせ来ないだろうな!
ってところがひとつありますから。

ほとんど、みなさん同じ間違いですね。

中古車業界専門誌ユーストカーで連載スタートしました。
ユーストカーのお申し込みはこちらから www.u-car.co.jp

日刊自動車新聞にて毎週水曜日、中古車販売店のマーケティング入門講座を連載しています。 今、日刊自動車新聞WEB版を申し込むと

【中古車販売店向けネット集客のやり方】
A4版 11ページが無料で手に入ります。お申し込みは今すぐ

http://www.netdenjd.com/

中古車販売店の売り上げが飛躍的に伸びるメルマガ

このメルマガでは以下の事がわかります

  • お客さんが頼むから売って下さいと言わせる方法
  • 中古車販売店のネット集客方法
  • 会社を社員に任せて自動操縦する方法
  • 成約率を飛躍的に伸ばす○○シリーズという方法
  • 当社が世帯数シェア19%を確保した最強囲い込み手法

いますぐ下記よりお申し込み下さい!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

無料メルマガ配信中
中古車販売店の売上が飛躍的に伸びる門外不出のノウハウを公開中
中古車が売れなくて困っている経営者へ  中古車の在庫を30%減らし、売上を150%にする方法

カテゴリー