地域一番の中古車販売店を創造するブログ「ネット集客増強研究会」

中古車販売の広告の媒体別反応率

2014.10.06

[`evernote` not found]
GREE にシェア

中古車販売の広告の媒体別反応率こんにちは、
中古車販売店の売り上げアップの組織
集客増強研究会の大平です。
最近ちょっと記事ネタに詰まってまして
久々にマーケティング的なまともな記事
書くような気がしますね。(笑)

えーとですね。僕、いろいろな方から色々な
相談受けるじゃないですか。

その中にこれはすご~くもったいないって
思う事があるんですよ。

すごーく多いのは絶対にやった方がいい広告なのに
止めてしまうケースなんですね。

ちょっと説明が必要ですね。
マーケティングにはCPI(顧客獲得コスト、ネットの場合はCPA)
っていうような色々な指標があるわけですね。

で、こういった指標を使ってみたときに絶対に
継続した方がいい広告と今すぐ止めなければならない
広告っていうのがあるんですよ。

例えば広告効果が全くないのにずっと継続しているケース
理由を聞くと「安いから」 だけど広告って
絶対値が安いから継続するものではなくて効果で
判断するんですね。効果がないものは1円だって高いわけです。

一方で1回やれば数十万必要というような絶対値は高い
広告というのもあるわけですけど広告効果が高ければ
絶対に継続すべきなんですね。

だけど「高いから」という理由で止めてしまうケース
かなりあるわけですね。

で、本当にもったいないと思えるのはこの「ただ単に高いから」
で止めてしまうケースですね。

実際はやればやるほど利益が出るにも関わらず
止めてしまう

原因ははっきりしているんですね。顧客獲得コストに
対する明確な基準値とか物理的な基準値というような
数字を持っていないことが原因なんですね。

そしてそのほとんどのケースでは経営者自身が広告に
対し、過度な期待を抱いているケースがほとんどです。

広告投資をして集客していくということは、まずは
物理的な基準値を知ってその上で投資をしないと
集客自体が困難となります。

店を開けていればお客さんが来るという時代はもう
何十年も前の話になっていますよ。

中古車業界専門誌ユーストカーで連載スタートしました。
ユーストカーのお申し込みはこちらから www.u-car.co.jp

日刊自動車新聞にて毎週水曜日、中古車販売店のマーケティング入門講座を連載しています。 今、日刊自動車新聞WEB版を申し込むと

【中古車販売店向けネット集客のやり方】
A4版 11ページが無料で手に入ります。お申し込みは今すぐ

http://www.netdenjd.com/

中古車販売店の売り上げが飛躍的に伸びるメルマガ

このメルマガでは以下の事がわかります

  • お客さんが頼むから売って下さいと言わせる方法
  • 中古車販売店のネット集客方法
  • 会社を社員に任せて自動操縦する方法
  • 成約率を飛躍的に伸ばす○○シリーズという方法
  • 当社が世帯数シェア19%を確保した最強囲い込み手法

いますぐ下記よりお申し込み下さい!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

無料メルマガ配信中
中古車販売店の売上が飛躍的に伸びる門外不出のノウハウを公開中
中古車が売れなくて困っている経営者へ  中古車の在庫を30%減らし、売上を150%にする方法

カテゴリー