地域一番の中古車販売店を創造するブログ「ネット集客増強研究会」

中古車販売店の料金表

2015.03.05

[`evernote` not found]
GREE にシェア

中古車販売店の料金表こんにちは、
中古車販売店の売り上げアップの組織
集客増強研究会の大平です。

う~ん。今日の記事書くかどうか迷いますね。
あまり書きたくないなあ。(笑)
でも記事のテーマがなかなか決まってこないんで
苦し紛れに書きますか。

僕が書きたくないって書くときはかなり
公開しちゃってる記事になることが多いんですよ
あ~書きたくない。

まあいっか。たまにはサービス記事書きましょう

えーとですね。中古車販売に限らずですけど
商売には次の法則があること知ってます?

それはですね。
料金表に載ってないサービスは全部タダ働きになる。
っていう法則なんですよ。

例えばですけど、このブログ(メルマガ)なぜか
士業の人によく読まれているみたいなんですね。
士業というのは税理士とか社労士とか弁護士みたいな
商売の人たちですね。

つまり彼らの売っているものは専門知識であり
モノとしての形がないものなんですよ。

このモノとして形がないものは要注意なんですね。

例えば顧問契約があればいいですけど知り合いに
社労士がいたとするじゃないですか。
まあ法人会とかで知り合って1~2回飲んだことが
ある程度の知り合いだとしましょうよ。

で、社会保険事務所から社会保険料のことかなにかで
お尋ねが来たとしますね。仮定の話ですから実際には
そういったケースでは既に顧問契約があると思いますから仮定ですよ。

この時に、あ、そうだ。あの人に聞いてみようって
社労士に電話したとするじゃないですか。
だけどこれって社労士は専門知識を売っているわけで
本来、ただでアドバイスするような事ではないわけですよ。

これがモノとして形がないものはタダ働きになりやすい
っていう意味なんですよ。
これが知人がコンビニ経営者なら50円のものだって
きちんと50円払うでしょ。50円だからタダでくれ、とは
言わないわけですよ。

弁護士あたりはきちんと1時間1万円とか決めてますよね。

僕なんかもありますよ。異業種の知人程度の人でチラシ見て欲しいとか
ビジネスモデルのアドバイスが欲しいとか結構ありますけど
全部断りますもん。

ただ一般的に社会通念上、無料サービスが当たり前になっている
ものもありますよね。

それでもきちんと料金表に載せれば料金のあるものを
サービスで無料でしてくれたということになるんで
顧客満足は上がるわけですよ。

僕も以前、弁護士に相談したときになぜかその日だけ
今日はお金はいいですよ。って言われたことあって
すごく得をした気分でした。

逆に料金がなければそれはお客さんは既得権益となり
それが満たされないとお客さんはクレームを言うんですよ。

で、皆さんの所でサービスをタダ働きにしないためには
ではどうするか?これは自分で考えて下さいね。

中古車業界専門誌ユーストカーで連載スタートしました。
ユーストカーのお申し込みはこちらから www.u-car.co.jp

日刊自動車新聞にて毎週水曜日、中古車販売店のマーケティング入門講座を連載しています。 今、日刊自動車新聞WEB版を申し込むと

【中古車販売店向けネット集客のやり方】
A4版 11ページが無料で手に入ります。お申し込みは今すぐ

http://www.netdenjd.com/

中古車販売店の売り上げが飛躍的に伸びるメルマガ

このメルマガでは以下の事がわかります

  • お客さんが頼むから売って下さいと言わせる方法
  • 中古車販売店のネット集客方法
  • 会社を社員に任せて自動操縦する方法
  • 成約率を飛躍的に伸ばす○○シリーズという方法
  • 当社が世帯数シェア19%を確保した最強囲い込み手法

いますぐ下記よりお申し込み下さい!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

無料メルマガ配信中
中古車販売店の売上が飛躍的に伸びる門外不出のノウハウを公開中
中古車が売れなくて困っている経営者へ  中古車の在庫を30%減らし、売上を150%にする方法

カテゴリー