地域一番の中古車販売店を創造するブログ「ネット集客増強研究会」

中古車販売 ネット販売の方法

2013.09.27

[`evernote` not found]
GREE にシェア

中古車販売 ネット販売の方法こんにちは、
中古車販売店の売り上げアップの組織
集客増強研究会の大平です。

先日、久々に山岳渓流に入りました。
趣味の渓流釣りも9月末で禁漁なので
無理して時間を作って早朝から行きました。

やはり渓流はいいですね。
仕事も事も全く思い浮かべることなく
ひたすらガケを上り、岩を超えて歩き回りました。

釣果もまずまず。
晩酌のつまみになりました。
これで来年の2月までは禁漁なのでひたすら
我慢する時期が続きます。

さて本題です。
中古車販売のネット集客。
よくいただく質問です。

ただこの問題を考えたとき、質問の範囲が広すぎて
正確な答えが出せないので次のように分割したほうが
いいと思います。

① ホームページへの誘導
② ホームページに来てからの顧客行動

ざっくりと本当に大きく分けてもこの程度は
分割しないと問題の解決にはならないと思います。

それでこの場合、どちらから先に手をつけるか?
という問題ですね。

これははっきりしています。
ホームページを持つ目的は直接売るにしても問合せを
いただくにしても、お客さんに目的に沿った行動を
していただくためには②のホームページに来てからの
顧客行動という点について考えるのが順番となります。

なぜならホームページにいくら誘導してもお客さんが
こちらの意図する目的に沿った行動をしてくれなければ
そもそもホームページを持つ意味がなくなるからです。

勘違いされている方が多いのがこの点です。
SEO(上位表示させるための技術)などで上位表示さえ
出来れば車が売れると思っている方が結構いらっしゃいますが
それは完全に順番が異なっています。

インターネットを使って売るということはインターネットに
アップさせた段階で既に日本全国の中古車屋と競争が
始まることを意味します。

当然、グーネットやカーセンサーネットでも同じことです。

その中でお客さんに選んでいただく為にはいつも言いますが
きちんとした「選ばれる理由が必要になるわけです。

あなたの売ろうとしている中古車が日本に1台しかない
中古車であれば問題はありませんが通常そういったことは
ありえません。

常に競合があるわけですよね。
そうすると競合に勝てる理由がない限りネットからの
受注は難しいわけです。

このように書くと多いのは価格に訴求する方が多いのですが
いつも書きますが本当に価格を安くして売ることは
可能でしょうか?

車両本体を安く見せかけ、登録費用で稼ぐというのは
信用の切り売りですよ。

そうしたら何が大事なのか?

お客さんには価格以外の判断基準を教える
重要ですからもう一度言いますよ

価格以外の判断基準を伝える
これしかないでしょうね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

無料メルマガ配信中
中古車販売店の売上が飛躍的に伸びる門外不出のノウハウを公開中
中古車が売れなくて困っている経営者へ  中古車の在庫を30%減らし、売上を150%にする方法

カテゴリー