地域一番の中古車販売店を創造するブログ「ネット集客増強研究会」

中古車販売店の売れるホームページのつくり方2

2013.01.05

[`evernote` not found]
GREE にシェア

中古車販売店の売れるホームページのつくり方2中古車販売店専門コンサル
ネット集客増強研究会の大平です。

さて前回は中古車販売店のホームページは
2種類ありますよ。という事をお伝えしました。

ざっと復習すると
名刺替わりになるホームページ
新車、中古車、板金、保険、車検

さらに住所や理念やその他色々なものが
詰まっているホームページ
一般的にはコーポレートサイトと言います。

そしてもうひとつが
なんらかの目的に特化したホームページ
ランディングページと言います。

(正確にはランディングページの本質的な
意味は異なりますがここでは簡単にするために
あえてランディングページと言う言い方をしますね)

それで普通にホームページ屋にホームページを
作って欲しいと依頼するとコーポレートサイトを
作ってきます。

で、ちょっと待って見てください
あなたがホームページを作る目的はなんですか?

最終的にはそのホームページから車を売りたい
こういった目的ではないですか?

もしそうだとしたらコーポレートサイトで
車を売ることは極めて困難です。

ではランディングページというのは
どういうホームページでしょうか?

あえて言うと目的をひとつだけに絞った
ホームページです。
当社の場合は集客に絞っています。

でどうなのよ?
と思っていますね。

当社の場合、
【俺の名前は○○で住所は○○電話番号とアドレスは○○
それで○○の車が欲しいから探して連絡をしてくれ】

という依頼が月に20件程度入ってきます。
東京とか大都会ではないですよ
人口10万の田舎町で月に20件ですよ。

でコストですが1件あたりの獲得コストは9,500円です。

このコストが高いか安いかわからないかもしれないですね。
ちょっと比較してみますね。

ダイハ○とかスズ○がサブディーラーに配るチラシ
あのチラシで獲得コストはまず15万切ることはほとんど
ありません。

普通の中古車屋が打つチラシ、あれだとヘタをすると
30万くらい獲得コストはかかります。

当社が相当研究して作っているチラシ
これでも1件あたり獲得コストは83,000円くらいです。

だからランディングページを作って9,500円というのは
驚異的な数字なのです。

ランディングページだとなぜこれほど高い反応なのか?
それはホームページにはいくつかルールがあります。

そのひとつに3クリックルール、3秒ルールというものが
あります。

次回このランディングページの秘密、もう少し掘り下げて
解説します。

中古車販売店の売り上げが飛躍的に伸びるメルマガ

このメルマガでは以下の事がわかります

  • お客さんが頼むから売って下さいと言わせる方法
  • 中古車販売店のネット集客方法
  • 会社を社員に任せて自動操縦する方法
  • 成約率を飛躍的に伸ばす○○シリーズという方法
  • 当社が世帯数シェア19%を確保した最強囲い込み手法

いますぐ下記よりお申し込み下さい!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

無料メルマガ配信中
中古車販売店の売上が飛躍的に伸びる門外不出のノウハウを公開中
中古車が売れなくて困っている経営者へ  中古車の在庫を30%減らし、売上を150%にする方法

カテゴリー